ブログBLOG

経年美化する家

2021.3.17

こんにちは。

先日、2013年に新築完成(築8年)した

オーナー様のお宅へ

打合せ中のお客様を連れ伺いました。

間取りを参考にしたり!

住み心地を確認したり!

コロナという事もあり、外出できないので

家時間を楽しむために、ご主人様が

ハンモックやロープを作成!

子供達には大人気なんだそうです!

家族がワイワイガヤガヤやっている姿が想像できます!

無垢材とハンモックが重なると

コテージなどの山小屋に来ているような雰囲気になりますね!

 

さて、今日は築年数による経年美化についてブログを書こうと思います。

新築時との比較

左:新築時 2013年

右:築8年経過 2021年

無垢フローリングの色が

年数と共に濃くなり飴色へと変化していきます。

こちらは建具(ドア)

新築時の白色が茶色になっていますね

塗装をしたわけではありません。

※同じ家なのか?と言われるといけないので

赤丸部分の節を目印として付けています。

 

お手入れは

ご主人様が

床は1年~2年に一度ワックス掛けを行い

漆喰の壁はお子様がぶつけた箇所は傷がついているので

補修(自分で簡単に漆喰補修できる)してあり綺麗になってました。

 

奥様曰く

まれに水拭きをする際に、ほのかに「木の香り」が漂うらしく

良い気持ちになるのだそうです!

 

経年美化する家

自然素材は

新築時は新築時の美しさはありますが、年数が経ち

使うたびに馴染み、それが「味」になり

磨いたり手入れすれば、更に美しくなる。

そしてこれからも少しずつ色が変化をして

アンティーク化していきます。

だからずっと大切に使い続ける事ができます。

注意)室内清掃など基本の掃除は別途必要です(笑)

 

これは

「革製品」と似ています。

本革製品(財布や鞄、靴など)は使えば使うほど使う人に馴染み

色が程よく変化し、磨けば光り輝く。

そして永く永く使える!

 

時間と共に劣化するのではなく、価値に変わる事!

そして、手入れを楽しみながら愛着持って

我が家を永く大切に住み続けていく!

これは、私たちが大切にしている「地球品質」の考え方です。

 

今回のように経年美化していく家を

今後もご紹介していきたいと思います!

ではでは

モデルハウス

長久手市に「地球品質」を実現化したモデルハウスがオープンしました。

是非、ご体験下さい!

詳しくはコチラ

インスタグラム

インスタSHオフィシャル

施工事例を配信しているので、お家づくりの参考に

インスタライブはこちらのアカウントから!

 

インスタ名古屋

名古屋店メンバーが日替わりで更新中!

是非がご覧ください。

 

 

関連ページ

関連ページ

杉山 英之

名古屋スタジオ

新築・リフォームプロデューサー

杉山 英之

この記事に関連したブログ

EMOTOP浜松

(浜松スタジオ)