ブログBLOG

ブロック塀の施工

2021.3.18

新築工事を進めていくときに、当然ながら建築基準法を守り施工をしていきます。

住宅だけではなく、造成工事でよくある「ブロック塀」にも規定がしっかりあります。

ブロック塀の規定

ブロックを積む際に鉄筋を縦にも横にも入れる必要があります。

高さが1.6m以下で控え壁がある場合は、縦横共に80㎝感覚に入れる規定があります。

また、控え壁は、横3.4m以内に入れていく、上から2段分は下げてもよい(上部で見えなくするため)幅は40㎝以上などなど、住宅の規定と変わらないくらい規定があります。

また、水圧を下げるためのに水抜き配管を設けたり。

その配管から土が流れ出ない為にフィルターを張ったりなど様々な施工工程があります。

 

どんな積み方でも大丈夫!というわけではありません。

決まった寸法、決まった施工の方法を守り、丈夫なブロック塀を施工します。

家も大切ですが、その家の基盤になる土留めブロックも十分大切です!

モデルハウスオープン

体験型モデルハウスは、あなたの暮らしに心地よさとワクワクを。

ぜひ、ご来場ください。

 

インスタグラム

インスタSHオフィシャル

施工事例を配信しているので、お家づくりの参考に

インスタライブはこちらのアカウントから!

 

インスタ名古屋

名古屋店メンバーが日替わりで更新中!

是非がご覧ください。

関連ページ

工法、構造 建築工事現場

関連ページ

井上 智貴

名古屋スタジオ

施工管理

井上 智貴

この記事に関連したブログ

EMOTOP浜松

(浜松スタジオ)