ブログBLOG

New

あれも羽目板、これも羽目板

2021.2.14

壁や天井に木を貼ってアクセントにしたい!というお客様が最近増えています。

どこに貼るかでかなり印象が変わりますので、本日は羽目板の施工例のご案内をします。

改めて、コーディネーターの手島です。よろしくお願いいたします。

 

天井だと・・・

外に繋がるリビング

リビングと続きで外まで続く天井の羽目板は、自然に目線が外に向き、

開放感を感じさせます。

落ち着く和室の空間

こちらは和室の天井に羽目板。

上部に重みをもたせることで、和室ならではの自然に座りたくなる空間を演出しています。

かっこいいだけじゃないA'sハウス

こちらはおなじみ、現場監督芥川の自邸

羽目板の重厚感でかっこよさが増しているのはもちろんですが、

ダイニングに重みをもたせ、吹き抜けで開放感を感じる、このコントラストでより家の広さを感じることができます。

 

壁だと・・・

ナチュラルモダンなダイニング

こちらはキッチン前のカウンター下

デザインはさながらこちらは実用性も重視

カウンターで勉強している時に、足が壁にあたり、漆喰がポロ・・・

とならないように貼っています。

 

大開口のリビング空間

こちらはキッチンの正面、側面に貼っています。

浜友さんと大工さんのコラボです。

浜友さんで正面パネルを選ぶこともできますが、あえて床材を貼ることで統一感を増しています。

ニッチと照明も組み合わせてインテリアにもなります。

 

合わせてこちらのお宅、ダイニングのベンチの背面にも羽目板。

こんな使い方もあるんです。

天井に杉の羽目板を貼った見学会を開催します。

3月20日~始まる見学会

お施主様はプロデューサーの内田さん!

 

キッチンダイニング上の羽目板、そしてつながるウッドデッキの上部にも羽目板

まだ写真がないので詳細はお見せできませんでが、是非皆様実物を見にお越しくださいね!

 

こちらから予約ができます!→クリック

 

それではまた。

 

関連ページ

関連ページ

手島 綺香

浜松スタジオ

豊橋スタジオ

コーディネーター

手島 綺香

この記事に関連したブログ

EMOTOP浜松

(浜松スタジオ)