ブログBLOG

時代は借景

2021.1.13

住宅性能が向上すると、家での過ごし方が変わります。

 

寒い日々でも、寒さを気にすることがなくなりますから、ふと窓から見える景色をじっくりと楽しんでみたり、床にゴロリと昼寝したり。

 

実際に私自身、寒い実家での過ごし方と、我が家での過ごし方では全く異なります。

 

快適な家に住むからこそ、より心地よい時間を過ごすために借景を手に入れてみませんか。

 

景色は唯一無二を楽しめる

 

広い敷地がある場合、お庭造りで景色を作り出すこともできますが、それはそれで土地代も、外構代も大きく掛かります。そこで、ということで借景の提案です。

 

例えば現在建築中の、長久手のモデルハウス

長久手 モデルハウス

 

現在は足場が邪魔ですが。。。リビングからは木々が見えます

借景

 

2階の部屋からは・・・

 

やはり足場が邪魔ですが。。。写真では見えませんが、手前には小さな川が、そしてその向こうには(冬なのでスカスカですが)木々が。

きっと4月頃には、鳥のさえずり、風の音が心地よいことでしょう。

 

名古屋(長久手)モデルハウスは2月完成予定です。

見どころはブログにて沢山紹介していきますが、私からの一押しは『借景』ということで、完成をお楽しみにお待ちいただき、オープニングイベントの際は、是非お越しください。(あと1ヶ月半ほどで完成です)

 

なお、

例えば、立地で楽しむなら、傾斜地や郊外の山林、川が近いというのもいいですね。

こういうパターン

又は、こんなパターンも

 

便利さだけでなく、色々なロケーションから選ぶのは、楽しいですよ。

 

 

 

 

関連ページ

高気密高断熱

関連ページ

吉田 俊介

本部

浜松スタジオ

施工・アフター管理/現場監査員

吉田 俊介

この記事に関連したブログ

EMOTOP浜松

(浜松スタジオ)