ブログBLOG

新築戸建住宅の建物検査

2021.1.08

2021年のお正月は、実家に帰らず家でゆっくり過ごしました。

来年前厄になる杉山です。

今日は建物検査についてブログを書きたいと思います。

 

一般的な新築戸建住宅の建物検査

新築戸建住宅には、

①建築基準法に基づき検査を行います。

行政または指定確認検査機関が行います。

主に中間、完了の2回

 

②住宅瑕疵担保責任保険の検査

瑕疵担保責任保険の保険会社

こちらも主に基礎、構造検査の2項目。※オプショで防水検査

 

上記2点に基づく指針により、検査が遂行されていきます。

見ての通り検査の項目、回数が少ないようにも思います。

他の検査はどうしているのか?

というと、実際には沢山の検査やチェックをしているのですが

具体的なベースとなる指針に則り検査をされているのか?というと

53%が人的裁量、会社独自のルールや指針に基づいた検査になっている

つまり職人さんや建築会社の経験や勘にゆだねられており

「いままでこれで問題なかったら、こんなもんでいいだろう」

という実態がありました。

第三者検査という安心

私たちは第三者機関の検査会社(ネクストステージさん)に入って頂き

自分達では甘くなる検査を厳しくチェックしてもらいます。

 

こちらは建築中現場

外部の「防水検査」の様子

白く見えるのは防水紙。(雨水が躯体に入らないようにする)

換気扇と防水紙の隙間を埋める

防水テープについて

検査員さんに厳しくチェックして頂いています。

検査会社ネクストステージの定めるのルール、施工方法を確認しながら

合格か?是正工事が必要か?

判断していきます。

 

自社検査だけでは、見落としそうな部分を

第三者にしっかり見てもらう事で

品質と安心を確保できるのです。

今までの当たり前を否定し、ここまでやって当たり前にする必要が

あります。

安心は目に見えて解る事が大切だと現場を見ながら感じる1日でした。

 

インスタグラム

インスタSHオフィシャル

施工事例を配信しているので、お家づくりの参考に

インスタライブはこちらのアカウントから!

 

インスタ名古屋

名古屋店メンバーが日替わりで更新中!

是非がご覧ください。

 

 

関連ページ

工法、構造

関連ページ

杉山 英之

名古屋スタジオ

新築・リフォームプロデューサー

杉山 英之

この記事に関連したブログ

EMOTOP浜松

(浜松スタジオ)