ブログBLOG

愛着は家になる前につくられる

2020.12.19

昨日は、南区でK様のお引渡しでした。

今日はK様家造りストーリーについて書きたいと思います。

自然素材の心地よさ

見学会では沢山のお客様にご来場頂き

「このままほしい家」とおっしゃっていただきました。

キッチンからつながるパントリーと脱衣場&ランドリールーム

家事楽動線が人気!!

家の広さだけでなく、ヒノキの色や香り、タイルや無垢材の家具、

自然素材を利用したキッチン、植栽など

地球から生まれたもの(自然素材)を利用してできた空間に

心地よさを感じて頂き「良い家」という

評価を頂けたのではないか?と思います。

家造りの目的

家を建てるに当たり、キッチンが使いやすくて、収納が沢山!

現生活での困り事を解消したいから、この要望を叶えて!という事は

よく聞きます。

これはこれで大切ですが、

上記は家造りにおける手段であり

家造りにおいては

「家を建てる本当の目的が何か?」

を共有する事が大切です。

 

K様の場合

細かなご要望は、上記にあった、家事動線(家事楽)や温熱環境(熱、光、風)

ですが

まず何のために家を建てるのか?を

考えた時に 家造りの目的は

ずっと住む家、永く住む家だからこそ

「健康」に拘った家にしたい。

その中で、自然素材であったり、無垢材、合板を使わない!

という選択をしている弊社を選んで頂きました。

 

家族が、子供が安心して健康暮らせる家!

※仮に床を舐めても害はありません。

愛着は家になる前につくられる

家造りにおいては、沢山の人と出会います。

土地から購入の場合は不動産屋さん、銀行さん、保険屋さん

司法書士さん、我々建築会社、職人さん、専門業者さんなどなど。

K様は、家はもちろんの事

「家造りを通じて、人との出会いに恵まれた」

おっしゃって頂きました。

今回、土地を購入するまでに、山あり谷ありでした。

不動産屋さんが色々配慮頂き、無事に土地を購入する事ができました。

銀行さんにも色々動いて頂き、融資も問題なくOK。

職人さんにはK様の夢を理解し、情熱をこめて造ってもらいました。

関わる人すべてがそれぞれのプロ意識で仕事してくれたからこそ

良い家が出来上がりました。

 

愛着とは、完成してから生まれるものではなく

家になる前につくられると感じます。

この家には沢山の人達が魂を込めた願いがこもっており

思い出が詰まってます。

人は思い出の中に暮らしており、人との関係が思い出の中で生きているからこそ

手放せない、愛おしい=愛着になると思うのです。

K様 この度はお引渡し誠におめでとうございました。

お家と共に健康に楽しく、沢山の思い出を作って下さいね!

 

インスタグラム

インスタSHオフィシャル

施工事例を配信しているので、お家づくりの参考に

インスタライブはこちらのアカウントから!

 

インスタ名古屋

名古屋店メンバーが日替わりで更新中!

是非がご覧ください。

 

関連ページ

関連ページ

杉山 英之

名古屋スタジオ

新築プロデューサー

杉山 英之

この記事に関連したブログ

EMOTOP浜松

(浜松スタジオ)