ブログBLOG

HEAT20 G2基準の家

2020.11.05

最近よく目にするようになった『HEAT20』。

 

HEAT20って何?

 

 

HEAT20

「2020年を見据えた住宅の高断熱化技術開発委員会」

「Investigation committee of Hyper Enhanced insulation and Advanced Technique for 2020 houses」

HEAT20は長期的視点に立ち、住宅における更なる省エネルギー化をはかるため、断熱などの建築的対応技術に着目し、住宅の熱的シェルターの高性能化と居住者の健康維持と快適性向上のための先進的技術開発、評価手法、そして断熱化された住宅の普及啓蒙を目的とした団体です。

 

ってことなんですが要するに

【次世代省エネ】基準じゃ世界的に後れを取っているので将来を見据えて日本の新しい断熱性能の基準をつくろうぜ!委員会ってことです。

 

で、上の表のようにHEAT20で定められた基準がG2,G1とグレードが2種類あるのですがより厳しい基準がG2です。

 

HEAT20によるとG1が冬季におおむね10度を下回らない基準でG2がおおむね13度を下回らない基準と明記されていますが実際にG2基準を満たしている弊社ではおおむね15度を下回っていないようです。

 

大まかですが気温が10度程度だとコートが欲しくなる気温、15度だと薄手のセーターが欲しくなる気温ってのが目安ですのでこの5度の差は非常に大きいことが分かると思います。

 

ということでそのG2基準の家が見学できるイベントがこちら。

瀬戸市構造見学会

 

 

予約制となっていますので実際のG2基準がどのような構造になっているかを知りたい方はぜひご参加ください。

 

 

インスタやってます。登録してね!

インスタ名古屋
https://www.instagram.com/igsh_nagoya/

インスタSHオフィシャル
https://www.instagram.com/igstylehouse_official/

 

関連ページ

関連ページ

森 貴志

名古屋スタジオ

設計

森 貴志

この記事に関連したブログ

EMOTOP浜松

(浜松スタジオ)