ブログBLOG

長久手モデルハウス上棟しました!!

2020.11.01

長久手モデルハウスの上棟が無事に終わりました!!

たくさんの職人さんの技術とチームワークで成し遂げて頂きました。

また、多くのオーナー様にも上棟イベントにご参加いただきありがとうございました。

昨日の様子をダイジェストでお伝えしていこうと思います。

という事で、本日は山口がお送りして行きます。

 

長久手モデルハウス上棟しました

しばらく名古屋店のスタッフが同じネタで投稿しますが、それぞれの目線で記事を更新するのでそちらもお楽しみにして下さいね♪

満天の青空の中、長久手モデルハウスの上棟が執り行われました。

普段の上棟とは違い、オーナー様参加型のイベントも同時開催させていただきました。

建物の一番高いところに設置される棟木にメッセージを書いていただきました。建物が完成すると見ることが出来なくなりますが、見守ってくれている安心感がありますね。

棟木はクレーンで建物のてっぺんまであげられ、鳶さん大工さんにしっかりと取り付けてもらいました。そちらの様子は誰かがブログで投稿します。

 

ご来場いただいたオーナー様には、木工体験を中心にイベントに参加いただきました。

梁などの材木から、一輪挿しや香り袋を作っていただきました。お子様たちもなかなかできない体験に大興奮!!でもそれ以上に熱が入るのが、ご主人様たち。「ちょっと貸してごらん」の一言で子供から道具を預かると、気合を入れて作業してましたね。たまにはパパの格好いい所を見せないと!という感じでしょうか。

最後には、お菓子まきを。私自身、初めてのお菓子まき体験でした。

ぱんっぱんにお菓子を詰めた袋を両手に抱えて喜ぶお子様たちの姿にほっこりしました。オーナー様たちと一緒になって喜びを分かち合えることがこの上なくうれしいです。

 

ここで、今回のこれらのイベントを企画・運営してくれたリーダーをご紹介したいと思います。

リーダーはコーディネーターの宮田さん!愛称は「ななちゃん」「キャプテン」です。自分が中心になってイベントの企画や運営をしてきたことが無かった宮田さんですが、「上棟日をみんなで楽しく過ごしたい」という気持ちで頑張ってくれました。

8月の終わりくらいだったでしょうか。宮田さんが「モデルハウスの上棟日に何かしたいけど、どうやったらいいか分からないです…。」と落ち込んだ顔で、私のところへ相談してきたことを今でもまだ覚えています。

当日の朝も「楽しみと不安がハーフハーフです」と心境を語っていました。当日は、バタバタとしましたが、私たちスタッフの中で一番楽しんでいたのは、きっと宮田さんでしょう。そして、この約2か月でかなり大きく成長したんじゃないでしょうか。今後にさらに期待ですね。

 

最後に、上棟したモデルハウスの写真を何枚かご紹介。

 

モデルハウスがどんな場所に建つのか、こちら常務の立田さんブログでご紹介しておりますので、ぜひ、ご覧ください。

ではでは。

 

関連ページ

建築工事現場 見学会・イベント

関連ページ

山口 朋樹

名古屋スタジオ

営業企画

山口 朋樹

この記事に関連したブログ

EMOTOP浜松

(浜松スタジオ)