ブログBLOG

存在感のある壁面タイル

2020.8.12

こんにちは。施工管理の足立です。

梅雨明けがされて本格的に暑さが厳しくなり、最近は1日2リットルは水分補給を行っています。。

職人さんは外で作業している方も直射日光が大変ですが、室内の方は風が通りにくいためとても暑いです。

 

今回は以前、階段部分のタイルの想像をしていましたがタイル工事が始まったので作業風景をご紹介したいと思います。

アイアン手すり

前回の想像で描いた吹き抜け階段がこちら↑

 

壁の下地工事を行い、扉の枠をつけて、タイル工事のための足場を設置していきます。

そして今回存在感のあるタイル工事が開始されました!

タイル工事

ブリックタイルを吹き抜けの上から下まで一面タイルです。

水平垂直に糸を張ってタイルを綺麗に張っていきます。

横から見たタイル工事

タイルを一面貼り終えたら目地を埋めて完成になります。

細かなタイルだからこそ綺麗さと存在感が際立ちますね!

 

壁の上部に間接照明が取り付けられるので壁全体が照らされます。

アイアンのストリップ階段が設置されるため、存在感のあるリビング階段になりそうです。

下から見たタイル工事

ちなみに下から見た様子↑

このあと杉の天井はチェストナットカラーに塗装を行い、壁に漆喰を塗り、設備と照明を取り付けていきます。

完成が近づき楽しみつつ安全に工事を進めて参ります。

それでは!

関連ページ

建築工事現場

関連ページ

足立 潮美

浜松スタジオ

施工・アフター管理/現場監査員

足立 潮美

この記事に関連したブログ

EMOTOP浜松

(浜松スタジオ)