ブログBLOG

端材活用、一緒に考えませんか。

2020.7.05

吉田です。

 

8月から工事中のモデルハウス(浜松市東区和田町 アリーナ近く)にて、イベントを色々計画していますが、その中で、端材でベンチを作成して、フラワーパークさんへ寄贈する、というイベントを企画しています。またその詳細はホームページにて告知させていただきますが、この端材活用、お客様にも色々アイデアいただけないかな?と思案中。

 

大切なのは愛着を持つこと

 

なんでもそうですが、ゴミとして捨ててしまうことは簡単です。私達も、いままでは余った材料を何とも思わず捨ててきました。

 

しかし、林家さんの話を聞き、森を見て、加工過程を知るほどに、木1本に愛着を感じるようになり、余りとは言え、捨てることに対して抵抗感を持つようになりました。

 

『せっかく、ああやって枝打ちして手入れしたのにな、、、』 とか、そういう感じです。

 

だから、加工の余り材(端材)をもらってこんなことしたり。

 

檜角材

(我が家の玄関に置いてあります)

 

そんなわけで、実は今回のモデルハウス建築では、端材をとってあります。

で、その端材でベンチを作ろうってことです。

 

 

イベントにご参加いただける方には、ぜひ手に触れる一本一本に愛着を感じ、その完成したベンチにも特別な想いを感じていただき、実際に設置された状態に触れても欲しいので、私達が取り組んでいる森の事も少し話をしようと思っています。

 

発展的には、『私の家を建てた時に出た端材で、どこどこにベンチ(その他色々)が寄贈された!』

 

みたいなことをたくさんやっていければいいな、とも思っています。

 

 

最後に、その工事中のモデルハウスをちょっと紹介。

漆喰の家①

漆喰の家②

(左官屋さんが笑っています)

 

8月からイベント開催します。是非、現物をご覧になり、木に触れてみてください。

そして、何か活用案あればお教えください。場合によっては端材を定期的に提供できるかもしれません。

 

よろしくお願いいたします。

関連ページ

見学会・イベント

関連ページ

吉田 俊介

本部

豊橋スタジオ

課長

施工管理

吉田 俊介

この記事に関連したブログ

EMOTOP浜松

(浜松スタジオ)