ブログBLOG

室内干し 梅雨時期の暮らし方

2019.6.15

東海地方も梅雨に入り安定しない天気が続いていますね。皆さんはどうお過ごしでしょうか。

佐原です。

 

室内干し めっちゃ乾く

アイジースタイルハウスで建てた我が家は、室内干しだけでバッチリ乾いて嫌な臭いもしないので、毎日の洗濯も特に困らず快適に過ごさせて頂いています。

 

室内干し付家事室がすごく便利

 

ここ最近、オーナー様にお会いする機会がたくさんありますが、この時期にお会いすると必ずこの会話がでてきます。年間を通じてもアイジーで建てて良かった実体験No.1かもです。

デザインや価格も大切ですが、毎日の生活に視点を向ける事も大切ですね。

 

 

調湿する家 これが快適につながる

こんな湿度の高い梅雨場でも室内干しをしながら快適に過ごすために重要なのは調湿

アイジースタイルハウスの室内は床は無垢材、壁、天井は漆喰で仕上げ。

 

漆喰の壁に手形をつける子供と監督

 

対して、一般的な住宅や賃貸の床は、合板に薄いビニールを貼った合板フローリング。

壁、天井は薄いビニールに絵や柄を描いたビニールクロスが貼りめぐらされることで、隙間がなく気密が上がる。その反面、素材がビニールの為、調湿はできない。

室内干しなんかしたら室内の湿度があがる一方で不快な空間かつ、洗濯物は乾かないから

室内干しなんてしてはいけない。

 

アイジーの家は、雨、風は通さないけど透湿する紙袋の中で生活しているような感覚で、

一般の家は、雨、風を通さない上、透湿もしないビニール袋の中で生活しているような感覚。

私たちは生活に直結する快適性をより高めたいからこそ素材にこだわる。

 

その他のこだわりはこちらから。

 

社員が建てたい家

様々なブログに社員が建てたい家と紹介されていますが、

プロとしてこだわっているから、本音でいいものを提供していると自負しているからこそだと思う。

今年入った新入社員の足立と増田の会社を決めた理由、

『アイジーの家づくりを共感して自分が住みたいと思えたから。』

 

新入社員の増田と足立と漆喰の壁

 

※左が設計の増田、右が現場監督の足立

と、8年前の新卒からずっと変わらない入社動機。これもアイジーらしい現象かもしれない。

これが良いという推薦主義を貫いている事で共感してくれている証拠だと思う。

これかも良い家を多くの方に届けていく。

 

では、では。

関連ページ

高気密高断熱

関連ページ

佐原 康隆

本部

浜松スタジオ

豊橋スタジオ

店長

浜松・豊橋エリアマネージャー

佐原 康隆

この記事に関連したブログ

EMOTOP浜松

(浜松スタジオ)