古民家再生 漆喰仕上げ | 浜松、名古屋、豊橋で健康住宅の一戸建て、注文住宅ならアイジースタイルハウス

ブログBLOG

古民家再生 漆喰仕上げ

2019.6.26

こんばんは。鈴木です。

今回も、再生工事中の古民家住宅の建築現場のお話しをします。

前回は、内部の仕上げを剥がし、古民家ならではの太い構造体が姿を現わした所をお見せしました。そして、その後、この建物はどうなったのでしょうか?

 

古民家再生、続きのお話し

大工工事を終えて、古民家の象徴的な雄大な梁の埃を落として塗装工事を行いました。

もちろん自然塗料塗装です。

 

味のある古民家の梁組みに自然素材塗料で着色

 

濃い色がついて見た目もキレイになりました。

続いて、左官工事も始まりました。

もちろん、弊社新築建物の標準仕様として人気の高い、スペイン漆喰の仕上げです。

 

IMG_0216

 

漆喰を塗る前には、下地になるボードの下処理を行います。ボード同士の継ぎ目が白くなっていますね。

あまり知られていませんが、古い土壁部分もちゃんと下処理をすれば、スペイン漆喰で仕上げることもできますよ。

 

再生工事中の古民家の廊下

 

再生工事中の古民家の室内仕上前の下地処理

 

白くなっているところが下処理しているところです。

もともとは土壁でした。この上からスペイン漆喰を仕上げていきます。

うちの土壁もボロボロになってきたし・・・、雰囲気変えたい!という方は、ぜひ、スペイン漆喰を検討なさってみてくださいね!

関連ページ

建築工事現場

関連ページ

古民家再生 漆喰仕上げ

古民家再生 漆喰仕上げ

この記事に関連したブログ

EMOTOP浜松

2020年10月 GRAND OPEN