ブログBLOG

無垢の床材が汚れてしまったら

2019.2.25

こんばんは、村瀬です。
最近、お鼻がムズムズしてきました。また花粉症の時期がきてしまったか...。
さて、本日はオーナー様のお宅にアフターへご訪問した際に、無垢の床材の汚れについてご相談を受けましたので、ご紹介致します。

無垢の床材

我々の家づくりでは自然素材にこだわり、床材に関しても無垢の床材を採用しております。

材種には、桧、パイン、杉、メープル、オーク等、様々なものがあります。

無垢の床材には、調湿効果、断熱効果があり、接着剤などの科学製品を使用していないので、

アレルギー等の心配もなく、天然素材ならではの癒し効果があります。

無垢の床が汚れたら?

こちらが、無垢床材にできたシミの事例です。

無垢床材のシミ

床に何かをこぼしてしまった時、こんなシミが出来てしまいました。

雑巾で拭いたけど取れない。どうしよう...?

こんな時は。

①メラミンスポンジ(激〇〇くん等)を少し水に付け、擦る。

②台所の中性洗剤をぬるま湯に溶かし、よく絞った雑巾で拭く。

③布にベンジン(マニキュアの除光液等)をつけて、手早く拭く。

等の方法があります。①から順番に試して頂ければと思います。

無垢床材のシミをメラミンスポンジで擦ってみる

今回は、①のメラミンスポンジで擦ってみました。

すると...

無垢床材のシミをメラミンスポンジで擦った結果

こんな感じできれいになりました。

無垢の床材は、多少のキズや汚れは「アンティークぽくなるので気にならない。」という方もいらっしゃいますが、気になる方は一度試してみて下さい。

関連ページ

関連ページ

村瀬 洋一

名古屋スタジオ

施工管理

村瀬 洋一

この記事に関連したブログ

EMOTOP浜松

(浜松スタジオ)