ブログBLOG

現場チェック 基礎配筋検査編

2022.5.25

先々週から行われました完成見学会。本当に多くのお客様にご来場いただき有難うございました。そして何より快く見学会を承諾してくださいましたS様。本当に有難うございました。S様の想いが随所に詰まった素敵なお家に仕上がったと思います。お引渡しが楽しみですね。

 

基礎配筋検査

 

5月の連休明けから着工する現場が増える中、現在豊橋で新築を計画中の現場の基礎配筋検査に第3社機関の検査員と共にチェックを行ってきました。

 

 

基礎は建物全体を支える部分でもあり基礎配筋検査は重要な検査でもあります。

建物のそれぞれの箇所に掛かる荷重を支え地盤に伝えていくわけですから当然間取りによって補強部分も変わってきます。

 

 

鉄筋の継手長さやコンクリートのかぶり厚だけでなく、構造計算書をもとに必要な個所に必要な鉄筋が入っているか。鉄筋の太さや本数、間隔に間違いが無いかをチェックしていきます。

 

 

仕上がってからでは分からなくなってしまう部分なのでとても重要な検査です。

実際に図面を作成するだけでなく、実際に現場をチェックしながら鉄筋の組み方や納まりについて不備が無いか業者さんや検査員と話すことも品質管理や改善にとっては大事な仕事ですね。

 

イベント情報

モノづくり体験イベント『みんなのベンチ vol.3』

6月5日(日)予約制

 

 

『JAPAN WOOD PROJECT』が進める、天竜ヒノキの端材を使ったベンチづくりの第3回目の開催です。

製作したベンチは地元の観光施設である『はままつフラワーパーク』に寄贈されます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

関連ページ

工法、構造

関連ページ

増田 公男

浜松スタジオ

豊橋スタジオ

設計/コーディネーター

増田 公男

この記事に関連したブログ

EMOTOP浜松

(浜松スタジオ)