ブログBLOG

木で囲って作業するのはなぜか?

2022.1.19

本日は、基礎工事中の現場へ行ってきました!

現在「根伐」という工事を進めております。

根伐とは、建物の基礎をつくる為に地面に穴を掘ることを言います。

丁張とは

基礎工事中のほとんどの現場で、基礎をつくる周りが木の柵みたいなもので

囲われている様子を見ると思います。

この木の柵のことを「丁張」(ちょうはり)と言います。

「水盛り」「やり方」とも呼ばれます。

この木の囲いには建物の配置を出すために、境界から建物の通り芯までの距離を

赤鉛筆等で印が付けられております。

業者さんはそこに水糸を引っ張り、土を掘る範囲を確認しています。

 

また、木の天端は水平になっており、その天端を基準高さとして、水糸を引っ張り、

スタッフという測定器をあてて根伐の深さなどを確認しながら、掘削をおこなって

いきます。

丁張とは、基礎工事を行う上で、高さ、横位置を確認しながら作業を進める為に

大変効率的で、大切なものになります。

このように我々監督も基礎工事では、丁張を元に配置や基礎の高さを測り、図面との

相違が無いかを確認して工事を進めておりまうす。

ワークショップ

1月は29日(土)30日(日)の2日間開催いたします!!

1月は1年の始まりという事でカレンダー!

ただのカレンダーではなく、ずっと使える万年カレンダーをつくります!

参加費用は無料です。

オーナー様、ご相談中の方、はじめましての方、たくさんの方のご参加お待ちしております!

モデルハウス in 長久手

長久手にオープンしたモデルハウスは随時内覧予約受付中です。

ご予約お待ちしております。

なかなか行けない!そんな方はまずはこちらをクリック!!

ご興味もって頂けた方は是非来ていただけると嬉しいです。

 

インスタグラム

インスタSHオフィシャル

主に施工事例を配信しております。

お家づくりの参考に。

 

インスタ名古屋

名古屋店メンバーが日替わりで更新中。

是非こちらも見て頂けたら嬉しいです!

 

インスタ浜松・豊橋

浜松・豊橋スタジオの旬な情報をお届けしてます!

 

下のQRコードからフォローもお待ちしております。

関連ページ

建築工事現場

関連ページ

村瀬 洋一

名古屋スタジオ

施工・アフター管理/現場監査員

村瀬 洋一

この記事に関連したブログ

EMOTOP浜松

(浜松スタジオ)