ブログBLOG

家に雨の侵入を一切許さない「防水紙」とは?

2021.6.17

前回の「モイス」に引き続き、今回は「防水紙」です。

雨漏れの原因に、屋根だけではなく壁からの雨漏れもあります。

それを防ぐのに防水紙を使用し適切な処理を行います。

防水紙とは?

防水紙とは読んで字のごとく、水の侵入を防ぐ紙のことです。

ですが、ただ侵入を防ぐだけではなく、透湿なんです。

部屋の中の湿気を外に出してくれます。2つも仕事をしてくれるなんていい子ですね!

施工の仕方は、ピンっと張って、

横の重なりを15cm以上、縦の重なりを9cm以上重ねます。

また、サッシの周りはシートを貼る前に、

両面防水テープを3方に貼ってからシートを張って行きます。

開口部が壁で1番雨が侵入しやすいので気をつけて施工します。

また、サッシを取り付ける前にも下部の防水処理を行い、雨の侵入を防ぎます。

換気扇の開口部もサッシ同様3方防水テープにて防水処理!

一切手を緩めず施工を行います。

施工完了後は、ネクストステージさんの監査も入り、隈なく確認。

私たち、現場監督の確認も行い、防水処理の漏れを0にしてから

次の工程に進むのでとても安心していただけると思います。

 

 

イベントのご案内

本日より開催しております!

大きな吹抜けと火のある暮らし

6月17日~21日の5日間開催します。

「火のある暮らしを楽しむ家」新築完成見学会(愛知県名古屋市昭和区川名本町)

 

モデルハウス予約受付中!

 

写真をクリックしてご予約ください。

 

インスタグラム

インスタSHオフィシャル

主に施工事例を配信しております。

お家づくりの参考に。

 

インスタ名古屋

名古屋店メンバーが日替わりで更新中。

 

下のQRコードからフォローもお待ちしております。

 

では、また。

関連ページ

建築工事現場

関連ページ

井上 智貴

名古屋スタジオ

施工・アフター管理/現場監査員

井上 智貴

この記事に関連したブログ

EMOTOP浜松

(浜松スタジオ)