ブログBLOG

屋根の防水確認

2021.5.27

屋根の防水(ルーフィング)を施工を完了するとそのまま屋根を施工するのではなく、

第三者機関のネクストステージさんに監査に入って頂き検査を行います。

1番多く雨に打たれる部分になるので、防水処理もより一層注意して確認していきます。

では、どう言った所を確認していくかご紹介致します!

屋根防水

屋根の防水には、ルーフィングと言われる防水材を使用します。

屋根に敷き詰めていきますが、ちゃんと決まりがあります。

横:20cm以上重ねる

縦:10cm以上重ねる

切妻屋根、胸部分25cm以上重ねる

また、棟部分はシート2枚重ね

と、大きな屋根部分だけでもこんだけ決まりがあります。

まだ、下屋に関して、

・壁面のルーフィング立ち上げが25cm以上あるのか?

・壁と下屋とのとり合いにルーフィング(捨て張り)は施工してあるか?

・ルーフィングが重なる三面交点の止水処理に不備がないか?

などなど、事細かく確認してもらいます。

また、検査の項目では無いですが、防水処理の1つに「きずり」という処理があります。

万が一、瓦から水の侵入を許してしまった時の二重防水のルーフィングですが、

瓦を受ける、横流しの桟で水を受けてしまってはその部分が腐食してしまいます。

それを防ぐために、きずりという白色のテープを縦に流して、

水が侵入しても隙間から流れる様に工夫しております。

丁寧な防水処理

屋根の防水1つ取ってもすごい量の決まりを守り施工しています。

決まりを守り、丁寧な防水処理を行い、またそれを1つ1つ確認し、

安心してお住まいいただける家づくりを心がけています!

完成見学会 in 昭和区

昭和区の新築住宅です!

レンガの壁がとってもおしゃれです✨

6月17日(木)~21日(月) 昭和区にて開催します。

ご予約お待ちしております。

 

モデルハウス in 長久手

3月に長久手にオープンしたモデルハウスは随時内覧予約受付中です。

お家時間を楽しむ、暮らし体験ができるモデルハウスです。

自分のお気に入りポイントを見つけてください!

ご予約お待ちしております。

なかなか行けない!そんな方はこちらをクリック!!

ご興味もって頂けた方は是非来ていただけると嬉しいです。

 

インスタグラム

インスタSHオフィシャル

主に施工事例を配信しております。

お家づくりの参考に。

 

インスタ名古屋

名古屋店メンバーが日替わりで更新中。

是非こちらも見て頂けたら嬉しいです!

 

下のQRコードからフォローもお待ちしております。

それでは、また。

関連ページ

建築工事現場

関連ページ

井上 智貴

名古屋スタジオ

施工・アフター管理/現場監査員

井上 智貴

この記事に関連したブログ

EMOTOP浜松

(浜松スタジオ)