ブログBLOG

現場監督こんなことやってます

2021.5.11

本日は、新卒の杉本さんと一緒に岡崎市の新築現場へ行って参りました。

杉本さんに「現場監督とは...」と偉そうに説明をして教えているのですが、

実は教えている自分自身が初心に返ることができ、一番ためになっていたりします。

今日は、現場で「室内の下地の確認」ついて図面を見ながら実際にどのように確認を

おこなうのか指導を行いました。

下地とは

室内の仕上げを漆喰で行っている弊社では、壁や天井の下地に石膏ボードという消石灰

を固めたものを使用しています。石膏で出来ている為、何か重たいもの等を固定する

には十分の強度も持っていません。壁に固定したい箇所には内側に木材等の下地を

入れておきます。

杉本さんにこの下地が何の下地で、位置、範囲が適切かどうか確認してもらいました。

ここで下地入れ忘れや位置の間違いがあると、取付たいものの十分な強度がとれなく

なってしまうので、大切な確認です。

 

写真のように、カーテンレール、エアコン、物干しを取付ける下地を入れています。

確認漏れを防ぐには、図面を見て仕上げのイメージを行うことです。

上の写真は洗面化粧台の下地の確認になります。

こんな感じで図面と現地を見て、仕上げのイメージして、下地の位置、範囲を

計って確認をしています。

 

モデルハウス in 長久手

モデルハウスは内覧予約随時受付中です。ご予約お待ちしています!

 

インスタグラム

インスタSHオフィシャル

主に施工事例を配信しております。

お家づくりの参考に。

インスタ名古屋

名古屋店メンバーが日替わりで更新中。

是非こちらも見て頂けたら嬉しいです!

 

下のQRコードからフォローもお待ちしております。

 

関連ページ

建築工事現場

関連ページ

村瀬 洋一

名古屋スタジオ

施工管理

村瀬 洋一

この記事に関連したブログ

EMOTOP浜松

(浜松スタジオ)