ブログBLOG

TOMO’sキッチン2021#04 ツール編

2021.5.02

本日は、5月の第1日曜日という事で、TOMO’sキッチンの更新をしていきたいと思います。

本日は、今までにやってみたかったけど、更新したことのないTOMO’sキッチンで使っているツールについて、ブログ更新をしたいと思います。

住宅という暮らしを楽しむための場所を提供している者として、私自身の暮らしの楽しみ方やこだわりを発信していく、という前向きな最もらしい理由を全面に出しながら、本当は自己満足的な更新であることはご容赦くださいね。

では、本題へ。

TOMO’sキッチン ツール編 包丁

という事で、本日、TOMO’sキッチンで使用している包丁についてご紹介。

現在、使用している包丁がコチラ。

HENCKELS(ヘンケルス)のミラノαシリーズのシェフナイフ(洋包丁)です。

HENCKELS(ヘンケルス)という名前を聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。このロゴマークの刃物ブランドです。

こちらのロゴマークを知っている方の方が多いかもしれませんね。

「世界で一番よく切れる包丁」としても有名なZWILLING(ツヴィリング)です。

このZWILLINGJ.A.HENCKELSの2大ブランドが、ZWILLINGとHENCKELSです。

『最高のものを持つ歓び』というカンパニースローガンのもと、職人とテクノロジーを駆使して何世代にもわたって使える商品を手掛けている会社さんです。

「何世代にもわたって」という点は、私たち、アイジースタイルハウスが手掛ける地球品質の家造りと同じですね。

 

ちなみに、実際の使い勝手はどうなの?と気にされるかと思いますが、それはそれはよく切れます。私の家では、奥様も料理を一緒にしますが、「これはよく切れるぞ!!」と言いながら、楽しそうに野菜やお肉を刻んでおります。使うツール1つで、料理が楽しくなるし、苦行にもなるし…。出来るならば、楽しいお家時間を過ごしてほしいですね。

ちなみに私がこの包丁を選んだ理由は、単純に憧れです。

YouTubeでも活躍をしているリストランテ フローリアの小林シェフ をはじめ、有名シェフたちが使用している包丁がZWILLINGでした。その中でも、コンパクトで軽くてオールステンレスかつ、お値打ちのものを選んだ時にミラノαシリーズでした。

ちなみに、シェフナイフと一緒にペティナイフもHENCKELSに揃えました。

この先がしっかりと尖っているところが好きです。玉ねぎをスライスするときは、このペティナイフで切るのが楽しいです。かなりニッチな好みだと自覚していますがw

三徳包丁などもいいですが、食材に合わせて包丁を選んでカットするのも良いですよね。いつかは、ZWILLINGシリーズで包丁をそろえたいですね。このあたりは、収集癖といいましょうか、私の性格ですね。

今回紹介した包丁は、長久手モデルハウスで実際に使用してもらう事ができます。包丁以外にも、フライパンや鉄フライパン、ストウブ鍋など私が使用して良かった調理器具やお気に入りのモノを置いています。現在、家造りのお打合せをさせて頂いているお客様は宿泊体験をすることが出来ますので、ぜひ、使ってみてください。そして、ぜひぜひご感想を聞かせてくださいね。

モデルハウス in 長久手

そんな私のお気に入りの調理器具がたくさんなモデルハウスは内覧予約随時受付中です。

ご予約お待ちしております。

なかなか行けない!そんな方はこちらをクリック!!
コーディネーターの宮田さん厳選のインテリアが揃っている今の状態も見て頂きたいところです。

ご興味もって頂けた方は是非来ていただけると嬉しいです。

そして、5月5日までGWにはイベント開催中!

来場者の方には素敵なノベルティもあります!

ちょこっと飾るのに丁度いいサイズ!ヒノキの香りとお花の彩りで心が癒されます。

いい感じにドライフラワーを飾ってみたので好きなものを選んで持ち帰ってくれると嬉しいです!

是非皆さん新緑のきれいなモデルハウスへお越しくださいませ。

インスタグラム

インスタSHオフィシャル

主に施工事例を配信しております。

お家づくりの参考に。

 

インスタ名古屋

名古屋店メンバーが日替わりで更新中。

是非こちらも見て頂けたら嬉しいです!

下のQRコードからフォローもお待ちしております。

では、また。

 

 

関連ページ

関連ページ

山口 朋樹

名古屋スタジオ

事務/企画/営業企画

山口 朋樹

この記事に関連したブログ

EMOTOP浜松

(浜松スタジオ)