ブログBLOG

基礎工事 基準④

2021.3.08

基礎工事編 4回目です。

今回は継手についてです。

基礎工事

継手とはなんでしょう。

継手は鉄筋が足りなくなった箇所では鉄筋を継ぎ足します。

この部分を継手といいます。

2本の鉄筋を1本と同等の性能を発揮させることが必要になってきます。

上記の写真が継手の部分の写真です。

2本の鉄筋を1本と同等の性能を発揮させるために継手の長さの基準があります。

コンクリートの設計基準強度と鉄筋の強度で決められていきますが、一般的には40d以上必要です。

dとは鉄筋の径です。

鉄筋は径13㎜なので 40×13=520㎜以上の長さが必要です。

写真の部分はOKですね。

この継手も一つ一つ第3者機関の監査でチェックしております。

 

 

関連ページ

工法、構造 建築工事現場

関連ページ

西浦 千晴

浜松スタジオ

豊橋スタジオ

施工管理

西浦 千晴

この記事に関連したブログ

EMOTOP浜松

(浜松スタジオ)