ブログBLOG

床材について

2021.2.06

本日は床材についてご紹介いたします。

床材といっても様々で、色味、固さ、肌触り、経年変化など材種によっていろいろあります。

弊社浜松エモトープ(事務所棟)にも打合せブースごといろいろと床材を変えているのでご紹介していきます。

 

こんにちは、山本です。

 

床材

 

ヨーロピアンオーク

まずは、こちら。

オーク材

こちらはヨーロピアンオークという床材。

ナチュラルな色味と色のばらつきによる表情が豊かで、人気の床材です。

オーク

木目もあり、節は少なく、比較的固く傷もつきにくく、色の変化が少ないのも特徴です。

 

カバザクラ

続いてはこちら。

カバザクラこちらはカバザクラ。

ご覧の通り、白くきれいな見た目が特徴です。

真っ白い床がお好きという方におススメの床材です。

カバザクラ

オークよりは固さは柔らかく、木目も落ち着いていて、節も少ないです。

 

サーモアッシュ

続いてはこちら。

サーモアッシュ

こちらはサーモアッシュ。

サーモアッシュは、比較的明るい色のアッシュ材を高温熱処理し濃い色味に焼き上げています。

熱処理を行っているため、乾燥収縮の影響を受けにくいのも特徴です。

サーモアッシュ

木目が激しく、表情が豊かで、色のばらつきもあります。

この木目が人によって好みが分かれますが、あまりない、変わった床材がお好みの方におススメです。

 

ジャトバ

最後はこちら。

ジャトバ

こちらはジャトバというあまり聞きなれない床材です。

赤みがかった茶色に黒っぽい筋が混在し、高級感がある床材です。

ジャトバ

こちらのジャトバは色の変化のスピードが速く、時間とともに色味が増していきます。

重量も他の床材に比べ重く、傷もつきにくいです。

 

今回ご紹介した床材は、節が少なく、ヒノキや杉、パインに比べ固さがある広葉樹になります。

 

それぞれの良さがありますが、選ぶ床材によってインテリアの雰囲気も変わってきます。

本日ご紹介した床材以外にも多数床材はご用意しておりますので、是非ご来場の際は、打ち合わせブースなど床材にも着目していただければと思います。

 

それでは、また。

 

関連ページ

関連ページ

山本 清尊

浜松スタジオ

設計/コーディネーター

山本 清尊

この記事に関連したブログ

EMOTOP浜松

(浜松スタジオ)