ブログBLOG

ネクストステージ 配筋検査

2021.2.08

本日はM様邸でネクストステージの配筋検査の立会いに行ってきました。

ネクストステージさんによる第3者現場品質監査とは、

義務として実施される各種検査に加え、行政関係や建築請負会社とは別の第三者が実施

する現場品質確保の為の監査業務です。

第3者現場品質監査

こちらが監査の様子です。

こちらはベースのかぶり厚さの計測をしているところです。

基礎の地面と接するところについては6cm以上必要です。

かぶり厚さとは・・

鉄筋からコンクリート表面までの最短の距離のことをいいます。

ではなぜ、それが大事なのでしょう。

コンクリートはアルカリ性なのでそれで鉄筋を覆うことにより鉄筋がさびるのを

防いでいます。

このかぶり厚さが少ないとその分鉄筋が水が空気などによる影響を受けやすく

錆の原因になってしまう為、充分なかぶり厚さが必要となってきます。

こちらは鉄筋のピッチの計測をしています。

このような色々の監査項目をチェックしてもらい配筋の監査をしております。

第3者現場監査の詳細は➡こちら

 

 

 

関連ページ

建築工事現場

関連ページ

西浦 千晴

浜松スタジオ

豊橋スタジオ

施工管理

西浦 千晴

この記事に関連したブログ

EMOTOP浜松

(浜松スタジオ)