ブログBLOG

冬は断熱性能が実感できます

2021.2.01

寒い日がまだまだ続きますが寒ければ寒いほどアイジーの家の断熱性能がよくわかります。今日は断熱についてのお話です。

断熱性能の基準

以前にも書いたことがあるのですが断熱性能って色々な基準があって非常にわかりにくくなっています。

 

UA値とかC値とかQ値とか、断熱等級何級とかZEH基準とか一長期優良仕様とか。

 

これらをすべて理解することは非常に難しいのであまりチェレンジはお勧めしません。

 

簡単に説明すると断熱性能は【UA値】だけを基準にしてよいです。多少乱暴ですがとりあえず大枠は外しません。

とりあえずC値とかQ値は置いといてください。

 

UA値というものは外皮平均熱貫流率といって家の内部から床、壁、天井、開口部を通って外部へ逃げる熱量を外皮面積(外壁、天井、開口部等の面積)で割った数値です。

 

つまり数値が小さいほど熱が逃げにくく、断熱性能が高いことを示します。

 

上に挙げた断熱等級とかZEH基準等はすべてUA値で基準が決まっているのでそれぞれ性能の高さを比べることが可能です。

 

断熱等級

 

まとめた表がこちらです。

右に書いてある数値がUA値。

 

各基準で結構ばらつきがあるのが分かると思います。

 

例えば断熱等級4級って断熱等級という基準でいえば最高ランクの基準になるのですが他の基準からすれば大したことがない数値になります。

 

弊社の基準はUA値で0.46以下になるように設計されています。

 

結構高性能です。

 

見せてもらおうか、アイジーの断熱性能とやらを』

 

と思われる方は下記リンク先から完成見学会のご予約をお願いします。

 

瀬戸市完成見学会

 

『アイジーの断熱性能は化け物か』

 

と言いたくなるかもしれません。

では、また。

 

関連ページ

高気密高断熱

関連ページ

森 貴志

名古屋スタジオ

設計/コーディネーター

森 貴志

この記事に関連したブログ

EMOTOP浜松

(浜松スタジオ)