ブログBLOG

基礎工事 自社監査

2020.11.28

本日は基礎工事中のT様邸に行ってきました。

基礎の部分は隠れてしまう部分が多ですし、やり直しが難しい部分になるので

検査はとても重要になってきますね。

 

基礎自社監査

今回は基礎の立上り部分の配筋・型枠の確認です。

この段階では鉄筋のかぶり厚さの確認や型枠の幅、アンカーやホールダウンの位置等を

確認していきます。

鉄筋のかぶり厚さとはコンクリート面から鉄筋までの最小距離のことになります。

ではなんのためにかぶり厚さを確保するのでしょうか。

簡単にいうと鉄筋を保護する為です。

鉄筋の材質は、鋼(鉄に炭素などを含有させた素材)です。鋼は、雨や空気中に野ざらしにされると、酸化を起こし鉄筋表面に錆が発生します。

錆は非常にもろく、皆さんも経験があるかと思いますが、簡単に剥がれてしまいます。何となく鉄筋が錆びてボロボロになると弱そうって思いますよね。そのイメージは正しいです。構造的に言えば、鉄筋の必要な

断面が欠損する恐れがあり、かぶりを確保することで鉄筋の酸化を防ぎたいわけです。

基礎の部分は4cm以上のかぶり厚さが必要になってきます。

このかぶり厚さが確保されているか確認をしております。

鉄筋に汚れが付いてないか、ベースとの接着面の清掃状況も確認してます。

 

関連ページ

工法、構造

関連ページ

西浦 千晴

浜松スタジオ

豊橋スタジオ

施工管理

西浦 千晴

この記事に関連したブログ

EMOTOP浜松

(浜松スタジオ)