安心の保証

基本コンセプト

全棟VOC(揮発性有機化合物)測定を実施しています。
〜健康で安心な室内環境は「空気」から〜

アトピーや喘息等、お子様やご家族のアレルギーでお困りの方に是非オススメしたい、健康増進住宅。「空気」に自信があるから、根拠ある濃度数値で有害物質から家族を守ることをお約束します。

シックハウス症候群という病気が盛んに騒がれ、
マスコミを賑わしていた2003年、ある法律が国により制定されました。
建材から出るホルムアルデヒド、クロルピリホス量を制限するという法律です。

しかし、厚生省が人体に悪影響を及ぼすと指定している有害物質は13種類もあるのに、
なぜか国土交通省で規制したのはホルムアルデヒドとクロルピリホスの2種類だけです。


F☆☆☆☆(フォースター)という言葉を聞いたことがあると思います。 全て規制すれば、建材産業が成り立たなくなるため、消費者よりメーカー寄りにつくられた規制と思わざるを得ません。しかし、これらの法律が出来てきた趣旨や、成り立ちを批判しても何も得ることはありません。

私たちが0宣言に辿り着いたのは『知っていた』からです。
プリントされた床材やビニールクロス、貼りあわせた柱など、
10年未満で劣化するだけでなく健康を害すということを。


そして、なるべく自然のものをそのまま使い、「自然から認められる家、その地の気候風土にあう家の方が住む人が健康で快適に、豊かに暮らすことができる」と。
また、造り手である私たちも住まい手側になった時、どちらの家で過ごしたいのか、言うまでもありません。 お客様に本当に安心して住んでいただけるよう、私たちはこの0宣言を支持し、愚直にその家づくりを行います。手間や時間はかかりますが、健康を害する有害物質がでない本物素材にこだわり、家づくりをしています。

私たちが0宣言に辿り着いたのは『知っていた』からです。
その根拠をしっかりと示すため、全棟VOC測定を実施しています。
自信を持って全棟VOC測定ができる建築会社やグループは他にありません。

有害化学物質の測定

室内空気の有害化学物質の測定方法

アイジースタイルハウスでは、パッシブ法にてVOC測定を行います。

パッシブサンプリング方法

パッシブサンプラー法は、捕集剤とポンプ・ガスメーターの機能を内蔵しているため、一定時間以上測定したい部屋の空気中に吊しておくだけで揮発性化学物質の測定可能な方法です。
アルデヒド用ではホルムアルデヒド・アセトアルデヒドの2種類、VOC用ではトルエン・キシレンなど5種類の揮発性化学物質の測定を行います。

VOCサンプラー採取方法

VOCサンプラー採取方法

アルデヒド類サンプラー採取方法

アルデヒド類サンプラー採取方法

24時間採取後回収

住宅の品質確保の促進などに関する法律 第3条に基づく住宅性能表示制度

国交省:平成12年10月12日新築住宅実施 平成14年8月既存住宅実施
法律第83号平成11年6月15日成立 6月23日公布、平成12年4月1日施行

国土交通省基準

  • 建築主の希望による室内空気環境の表示(濃度測定)
  • 厚生労働省濃度指針13物質のうち7物質について濃度測定の対象としています。
化学物質 濃度指針値 主な用途 備考
ホルムアルデヒド 0.08ppm 接着剤、防臭剤 平成11年6月15日制定
アセトアルデヒド 0.03ppm 合成樹脂、合成原料  
トルエン 0.07ppm 塗料用溶剤  
キシレン 0.20ppm 塗料用溶剤  
エチルベンゼン 0.88ppm 塗料用溶剤  
スチレン 0.05ppm プラスチックゴム合成原料 平成11年6月15日制定
パラジクロロベンゼン 0.04ppm 防虫剤  

建築基準法によるシックハウス対策規制

国交省:平成15年7月1日実施改正建築基準法に基づくシックハウス対策)

平成15年の建築基準法の改正で、これまで法で規制されることがなかったシックハウスに関する対策が盛り込まれました。この改正により、クロルピリホス(防蟻剤)を塗布・散布・含有した建材の使用は全面的に禁止、ホルムアルデヒド発散建築材料の内装仕上げへの使用が制限され、24時間換気システムの原則的な設置義務付けがされました。今後も規制される物質は増えていくと予想されています。また、ビル管法では既に建築完成後や定期的な空気質の測定が規定されています。

  • 対象は住宅、学校、オフイス、病院など全ての建築物の居室 ※
    (※居住、執務、作業、集会、娯楽等の目的の為に継続的に使用する部屋のこと)
  • ホルムアルデヒドを厚労省濃度指針値に抑える為に直接測定・規制せずに建築物について通常必要となる建築材料の使用、換気設備などについての構造基準を定めました。
  • 平成14年からシロアリ駆除業界で使用自粛となったクロルピリホスを使用禁止としました。

当社のVOC測定データ

ページの先頭へ

シックハウス症候群とは

イライラする、頭が重い、目が痛い、耳鳴りがする、喉が詰まる、吐き気がするなど「有害化学物質過敏症」の方が増加しており、全国で約100万人と予想されています。

ホルムアルデヒド・トルエンなどの有害化学物質を内在している建材類、畳、家具などから、毎日少しずつ有害化学物質が放出され、体内に蓄積されます。その結果、このような体調不良を引き起こします。

1シックハウス症候群とは

近年、建物の高気密化や有害化学物質を拡散する建材材料・内装素材の使用により、「シックハウス症候群」が問題になっています。特に被害が大きいのが抵抗力も少なく、免疫機能も未発達な乳幼児です。体内に蓄積された有害化学物質が、将来アレルギーや様々な病気の引き金になることが懸念されます。

建築物(住宅・ビル・学校)など閉鎖空間における室内空気汚染原因物質である、VOC(ホルムアルデヒド、トルエン、キシレン、エチルベンゼンなどの揮発性有機化合物)や粒状物質、その他の無機、有機ガス成分、あるいは放射性物質による健康障害のことを言います。

シックハウス症候群と化学物質過敏症

1970年代のオイルショック以後、低コスト・省エネルギーが叫ばれるようになり、化学薬品を使ったさまざまな新建材が続々と登場しました。その新建材に使われている化学物質(揮発性有機化合物)が人に悪影響をもたらします。そして、それがシックハウス症候群です。

ようやく日本でも有害物質の規制が始まり、現在では、ホルムアルデヒドやトルエンをはじめ、14物質が有害物質に指定されています。
しかし、人体や生体系への有害性のおそれがある化学物質は、環境省の指定するもので435もの化学物質が登録されており、建材に関する化学物質の規制対象数もまだまだ少なく、濃度指針値も甘いのが現状です。

図:シックハウス症候群患者推移現在、建材にはホルムアルデヒド放散量の基準規格表示が義務づけられています。しかし、最高のF☆☆☆☆(フォースター)という表示がされていても、わずかながら有害物質が放散されています。

ホルムアルデヒドの濃度指針値の0.08ppm以下の濃度を守っていても、シックハウス症候群を発症している人がいるのです。基準値を満たしているからといって、決して安心はできません。

また、最近の建材でも「ゼロホルムアルデヒド」などの言葉がよく目に付きますが、ホルムアルデヒドを別の化学物質に代えているだけで、化学物質自体をゼロにした訳ではないのです。シックハウスの原因となる化学物質でつくられた住宅は、いまだたくさん存在しているのが現状です。

2こんなところが危ない!

こんなところが危ない!

家庭用品や建材から化学物質が放出され、換気量不足により室内に化学物質がたまると・・・

症状:アレルギー性疾患の発症・悪化など

シックハウス症候群とは、(Sick Building Syndrome:シック ビルディング シンドローム)の略。 Sickとは、「病気の」という意味で、直訳すると「病気の家、症候群」となります。

ページの先頭へ

建築材料を正しく知りましょう

壁に注意!

一般の住宅の9割は「塩化ビニール製」のビニールクロスが内装材として使われています。壁がビニールクロス製では、家が呼吸もできませんし、家の中に有害化学物質が含まれたままの状態が続きます。ビニールクロスを貼る時の接着剤や下地に張るベニヤ等にも有害化学物質が含まれます。

床に注意!

合板フローリングには、シックハウスの原因の一つである有害化学物質が含まれていることがあります。

「F☆☆☆☆」に注意!

F☆☆☆☆=「有害物質を含んでいる」ということなのです。無害ということではありません。

※最近、建材でも「ゼロホルムアルデヒド」などの言葉がよく目に付きますが、ホルムアルデヒドを別の化学物質に代えているだけで、化学物質自体をゼロにした訳ではないのです。

ようやく日本でも平成12年から有害物質の規制が始まり、現在では、ホルムアルデヒドやトルエンをはじめ、13物質が有害物質に指定されています。しかし、人体や生命系への有害性のおそれがある化学物質は環境省の指定するもので、435もの化学物質が登録されており、建材に関する化学物質の規制対象もまだまだ少なく、濃度指針値も甘いのが現状です。

ページの先頭へ

子供やペットに、より影響する?!

有害化学物質は、成人より子供や高齢者・ペットに大きく影響されるといわれています

  • 子供は体が小さく活動が盛んで、体重1kg当たり、成人の3〜4倍の飲食をし、2倍の空気を呼吸します。同じくペットの新陳代謝率も人間の7倍です。子供もペットも下界の汚染物質をより多量に消化器や呼吸器から取り入れ、汚染物質の吸収力も盛んです。
  • 子供やペットは地面や床に近い位置で生活しています。低い位置の空気は多くの汚染物質が高濃度で滞留しており、子供やペットは常に押せん物質にさらされています。
  • 乳児では、成人のように汚染物質を排出したり、汚染物質を分けて脂肪に蓄えることができません。乳児の免疫系は充分に機能していません。また有害物質をブロックする血液脳関門は生後6ヶ月まで未発達です。
  • 妊娠中は、母体に蓄積された体脂肪が胎児の栄養分となりますが、ダイオキシンやPCB(ポリ塩化ビフェニル)のような多くの汚染物質は新油性のため、脂肪組織に蓄積されます。高齢であるほど母体には汚染物質が多く存在します。またこれらは先に産まれた子に受け継がれやすく(母体の汚染物質は減少)汚染物質を多く受け継ぐことになります。

参考

「出生後24ヶ月以内の乳幼児の※衣類等はホルムアルデヒド0.05ppm以下であること」と、有害物質を含有する家庭用品の規制に関する法律(通称:家庭用品法)を定めています。
※衣類:おしめ、おしめカバー、涎掛け、下着、寝袋、手袋、靴下、中衣、外衣、帽子、寝具
(店内の物質に触れないように全てビニールで包まれています)

会社案内

「仕事を遊びそこから学ぶ」ライフプラン事業部長 立田ブログ

ブログ一覧

プロモーション動画

facebook

お客様の声

ゼロ宣言の家

iG Style House リフォーム部門

Page Top
facebookでシェア