家づくり始めました(大工工事下地編) | 浜松、名古屋、豊橋で健康住宅の一戸建て、注文住宅ならアイジースタイルハウス

ブログBLOG

家づくり始めました(大工工事下地編)

2020.7.27

こんばんは。施工管理課の芥川です。

本日は大工工事について書いていこうと思います。

現在自宅はセルロースの吹込みが終わった段階です。

大工さんには「下地」の施工をお願いしてあります。

「下地」とは壁にネジを打つ際に確りと固定させる為に必要な物なります。

2020_07_23_11_42_17_712_2

こんな感じで木を入れてネジが効くようにします。

2020_07_23_11_42_17_711_1

トイレのペーパーホルダーやタオルハンガーをDIYなどで設置しようという予定が事前に分かっていれば下地を入れて置きましょう。

私はDIYをしたいのでいくつか場所を決めて置きました。

それでも住んでからここにネジを打ちたいって思う事もあると思います。

 

そんな時はこちらを探してみましょう。

キャプチャ

外回りに限りますが、私達の家づくりの仕様では30㎝間隔で木が施工されています。

この位置でしたらネジが打てます。

下地が無いからと諦めていた方はぜひ、参考にしてください。

それでは。

関連ページ

建築工事現場

関連ページ

芥川 建斗

磐田スタジオ

施工管理

芥川 建斗

この記事に関連したブログ

EMOTOP浜松

2020年10月 GRAND OPEN