ブログBLOG

お家づくり始めました。外部左官編

2020.7.21

こんにちは。施工管理の芥川です。

現在自宅を建築中です。

今まで現場監督としてお客様の家づくりに携わってきましたが、お客様の立場になって家づくりを楽しんでいます。

 

本日は、自宅の外部左官パターンを決める打合せに行きました。

アイジースタイルハウスは外壁も内壁も職人さんによる手塗りで仕上げていきます。

工事現場で職人さんと一緒にパターンを決めていきます。

 

数あるパターンの中で私が選んだものは「ラフ」というパターンです。

「ラフ」は一番選ばれるパターンですが、選ばれるのにはやはり理由があります。

・職人さんの手塗り感がよく分かる。

せっかく職人さんに手塗りで工事をしてもらうのに、平らなパターンはもったいない!

・どんなテイストの家にも合う。

和風、プロヴァンス、モダン系どんなテイストの家にも合い一体感を出してくれます。

・メンテナンスがしやすい。

何かがぶつかって壁に傷がついた時でも補修がしやすくさらに跡が目立ちにくいです。

 

などなど良い点も多く私自身もお客様にお勧めしているパターンですので、これから外部左官のお打ち合わせがある方は参考にして頂ければと思います。

 

「ラフ」もすべてが同じではなく、職人さんによって少しずつ違います。

担当する職人さんによってその職人さんの色が出ている「ラフ」になります。

ここに誰が良いなどはなく、「みんな違ってみんな良い」です。

2020_04_07_07_41_32_369_6

これも「ラフ」

2020_01_16_16_36_43_341_0

これも「ラフ」

2019_10_22_17_57_54_308_3

これも「ラフ」

 

ちなみに・・・

現場監督や現場責任者の「吉田」などはパターンを見ただけでどこの職人さんが左官を塗ったか分かります!

 

塗り方1つ見てもとても面白いですね。

それでは。

関連ページ

建築工事現場

関連ページ

芥川 建斗

浜松スタジオ

施工管理

芥川 建斗

この記事に関連したブログ

EMOTOP浜松

(浜松スタジオ)