ブログBLOG

緑色の三州瓦 大屋根

2018.12.05

こんにちは。

西浦です。

今回は、一風変わった洋瓦として人気のある、緑色の三州瓦の事例をご紹介します。

大屋根の外観が、見た目にも大迫力のお家です。

三州瓦

少し前ですが、大屋根のお宅で緑の色の三州瓦を使って工事をしました。

緑色の瓦は久々です。

前はカパラスという商品で緑色があり、人気だったのですが

廃盤になってしまったのでしばらく緑色の瓦のお宅はありませんでした。

緑色の大屋根の家素敵ですね。

緑色の三州瓦で葺いた大屋根

弊社では、陶器瓦の三州瓦を使用しています。

三州瓦は愛知県西三河地方で生産させる粘土瓦を三州瓦と呼んでます。

三州瓦が造られるようになったのは西暦1700年頃になるそうで

このころから寺院や城郭以外にも民家でも使用されるようになったそうです。

三河地域では良質な粘土が取れ船便などの輸送の便利性が産地形成になたそうです。

三州瓦などの陶器の瓦は耐久性に優れており、さらに塗装などのメンテナンスも不要です。

断熱性や遮音性もあり、安全が実証されている「ガイドライン工法」が採用されているので

安心してご使用もしてもらえます。

三州瓦などIGの屋根材の詳細はこちらへ

関連ページ

建築工事現場

関連ページ

西浦 千晴

浜松スタジオ

豊橋スタジオ

施工管理

西浦 千晴

この記事に関連したブログ

EMOTOP浜松

(浜松スタジオ)