ブログBLOG

現場から学ぶ

2021.9.29

台風の影響でしょうか不安定な天気が続いています。コロナ禍といえ今年は山も海も天候の影響でほとんど行けていない状況です。もうすぐ紅葉の季節。そろそろ落ち着いてほしいと願う今日この頃です。

 

中間検査

 

今日は中間検査の立会いに行ってきました。中間検査とは、上棟して1週間~10日程経ってから行う検査。現場の状況としては屋根が葺き上がり外部の面材、室内における筋交、耐力壁、耐震金物など構造耐力上主要な軸組を検査機関の検査員と共に行う検査です。

 

 

適切な施工がされているか、釘やビスの間隔やボルトの緩み、抜け、金物の取付状況などを細かくチェックしていきます。

 

基礎の配筋検査同様、重要な検査となりますので時間をかけて丁寧にチェックしていきます。検査員がチェックしたから安心ということでなく、自らチェックすることが大事。

やはり図面より現場で学ぶのが一番の経験ですね。図面では納まっているのに実際に入らない、納まらないってことが無いように実際の施工を見てスケールを当てたり職人さんと会話したりしながら覚えることはやはり基本ですね。

 

 

 

 

関連ページ

建築工事現場

関連ページ

増田 公男

浜松スタジオ

豊橋スタジオ

設計/コーディネーター

増田 公男

この記事に関連したブログ

EMOTOP浜松

(浜松スタジオ)