ブログBLOG

シンプルモダンの家の特徴

2021.6.16

ここ3ヶ月程前から健康を意識して昼食に果物を食べる様に心掛けています。

果物は各種ビタミンをはじめ、ミネラルや植物繊維の重要な摂取源でもあ健康維持や疾病に効果のある機能性成分も多く含まれているとか。

特にダイエット目的としていませんが、最近体の調子が良いので今後も続けたいと思います。こんにちは、増田です。

さて、今日は最近多くみられる様になったシンプルモダンの家について・・・。

シンプルモダン

最近流行のシンプルモダンの家。具体的にどんな家なのかというと、外観はすっきりと、直線や曲線のラインで構成されており四角形や四角形の箱を組み合わせた構造が多く建物の凹凸が少ないデザインなので、断熱性や耐震性にも優れているといえます。

また余分な装飾やムダを省いて、素材そのものの風合いや温もり、美しさを追求する建築デザイン手法の一つでもあります。

 

シンプルモダンの家は、家の形、窓の配置、色と素材で決まります。外装色は、主に白やモノトーンを基調としたものが多く、こちらの家の様にアクセントとして無垢の羽目板や格子を使うことで建物に暖かみや柔らかさを演出してくれます。

また直線を強調するため、屋根が無かったり、屋根が一方向に下がっている片流れ屋根であることも多くみられます。

こちらはエントランスの壁にタイルを張ったお家。全体的に白を基調としておりタイルの優しい色合いとマッチしています。窓のデザインや配置などのバランスもポイントです。

シンプルモダンの家は、直線的で余分な装飾や無駄を徹底的にそぎ落とした潔さが特徴でもあります。また外構や植栽によって建物の印象がガラリと変わりますので、建物を計画と一緒に行うことをお勧めします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

関連ページ

工法、構造

関連ページ

増田 公男

浜松スタジオ

豊橋スタジオ

設計/コーディネーター

増田 公男

この記事に関連したブログ

EMOTOP浜松

(浜松スタジオ)