イベント開催報告

EVENT REPORT

設計の技アリ!陽射しを呼び込む家 完成見学会 in 名古屋市

2019年10月7日 (月)

12月14日(土)、15日(日)は、名古屋市緑区にて住宅完成見学会を開催いたしました。掛川市での見学会と同時開催でした。

 

見学会開催をご承諾くださったお施主様のN様を始めご来場くださったお客様に、厚く御礼申し上げます。

アイジースタイルハウス新築住宅完成見学会場の外観

 

両日で30組超とたくさんのご来場をいただき、本当にありがたいことです。

間取りでは、畳コーナーを含む24帖もの広さのLDKを始め、大量の室内干しができる様に広げた2階の廊下を気に入ってくださるお客様が多かった様です。

住宅完成見学会の室内

この写真は、ちょうどキッチンから見たところで、ご覧の通り、リビング、ダイニングそして畳コーナーをキッチンから一望できる様に設計しています。

 

住宅完成見学会の室内

 

今回の住宅は、名古屋市内の建築では良く見られる三方を建物に囲まれた立地。玄関は北東に面しているので、南東、南西に位置するリビングや寝室などは、お隣や裏の建物に囲まれています。つまり、1階にあるLDKは陽が入りにくいという敷地条件でした。

 

そこで、設計担当者が工夫したのが、ココ。↓

新築住宅見学会場の1階外部物干し

建物の裏側となる南側に設置したウッドデッキとそれを覆う屋根の部分です。ちょうどこの視点の角度が南。つまり、南東と南西に掃出しサッシを設置した様になっています。(南東のサッシは、ウッドデッキの手摺りに隠れて見えませんが…。)

 

この、南にも面している2面のサッシが、お隣と裏側に建つ建物の隙間を縫うように入る陽射しを室内に取り込む様になっています。

新築住宅完成見学会の室内

この写真は、12月15日の14時近くで、この季節の太陽はとっくに真南を過ぎています。

ところが、南東、南西に面している掃出しサッシのお陰で大量の日射が注ぎ込み、LDKが明るくなっていることが分かりますね。

 

通常なら、囲まれた建物に遮られて入りにくい陽射しですが、南東に振っている敷地とこの家を囲む建物の位置、形状などの条件から入る陽射しを確認し有効活用したのです。そして、照り付ける様な陽射しの真夏の季節は、太陽の角度が冬よりもずっと高いことを利用し、ウッドデッキの屋根が大きな庇の役割を果たし、室内への陽射しの侵入をしっかりと防ぐ様にしています。

まさに、設計の技アリ!ですね。

 

次回の名古屋スタジオからの見学会は、コチラです。(画像クリックで、詳細が開きます。)

自由見学ですが、じっくりご覧になりたい方は、ご予約がお勧めです!

火・水定休
受付時間10:00~18:00