高齢者と住む時に間取りで気をつけることは|浜松、名古屋、豊橋の注文住宅ならアイジースタイルハウス

もし家を建てるなら

もし家を建てるなら

高齢者と住む時に間取りで気をつけることは

/ Q&A /

①細かな段差を減らす事、通路の幅を確保する事

2023年現在ではもはや常識ですが、床の数センチレベルの小さな段差は無くしましょう。もし車いすで住まいの中を移動する事になった場合、この段差は必ず生活の支障になります。

 

また、車いすの場合、廊下の幅は最低でも90㎝以上あった方が良いです。そして真直ぐな廊下以上に曲がり角等はより大きな巾が必要となりますので、設計の際は特に注意が必要なポイントとなります。

②住まいの温度差を減らす事

また、高齢者と言っても、歩行困難な方もいれば、まだまだ活発に動く方もおられます。

活発な方の場合、住まいの中を快適に動く事でより元気になっていきます。実際我々のオーナー様も、小上がりの畳や、床を掘り込んだリビングなど積極的に使いこなしておられます。

 

この時、住まいの中で温度差が大きいと、寒い所にいかなくなったりして活動量が落ちますので、住まいの温度差が極力少なくなるように住まいの性能や空調計画を立てておく事も大事なポイントになります。

③トイレの位置

歩行が困難な方が身近にいる場合は、寝室とトイレの位置は必ず近くに配置しましょう。寝室からダイレクトにトイレにアクセス出来る間取りにする事も多々あります。また、トイレの中で介護者が介護する人をサポートできる様に、ゆとりのある広さにしたり、トイレ自体の入口を複数にするなどの対応をするべきです。手摺も必ず設置できる様にしておきましょう。

/ Q&A /

他の記事も読まれています

浜松スタジオ

(EMOTOP浜松)

〒435-0016 静岡県浜松市中央区和田町439-1
TEL:053-466-4000

長久手展示場

〒480-1343 愛知県長久手市石場67
TEL:052-705-1255

名古屋スタジオ

〒465-0093 愛知県名古屋市名東区一社1丁目79
TEL:052-705-1255

豊橋スタジオ

〒441-8112 愛知県豊橋市牧野町143
TEL:0532-38-7420

PAGE
TOP