サステナブル社会の実現

Sustainability

アイジーの森 自分たちで手入れする地元の森林

NEW

アイジーの森 自分たちで手入れする地元の森林

地域の森林の循環活動を自分たちの手で

2022年7月23日、アイジースタイルハウス浜松店と本社である株式会社アイジーコンサルティングを置く浜松市内で、市有林の整備、植樹活動を行いました。

手つかずでいると荒れてしまう植林地を、将来の世代の人にも残せる様、普段この木々で仕事をさせていただいている自分たちの手で整備しようとするものです。

アイジーの森 自分たちで手入れする地元の森林

この活動は、「プレンティアの森」というNPOが1999年から始めた植林地の整備維持活動で、アイジーコンサルティングでは、2009年より地元の協賛会社として関わってきました。

弊社社員が親近感を持ってこの活動に取り組める様、市有林の一角に「アイジーの森」という名前を付けさせていただいています。

ここ2年間は、コロナの影響により活動を見合わせざるを得ませんでしたが、今年は久しぶりの開催となり、過去に参加した社員も嬉しそうでした。また、社員家族の小さな子供たちも、普段触れる事の無い豊かな森の中での活動をしっかりと楽しめた様です。

アイジーの森 自分たちで手入れする地元の森林

当日は天候にも恵まれ、森に入るまでしばらく登山するので、まるでみんなでキャンプに来たような感じです。もともとプレンティアの森の「プレンティア」とは、「プレジャー」(喜び、楽しいこと)と「ボランティア」という二つの言葉による造語とのことで、まさに楽しみながら行うボランティアという言葉にピッタリですね。

活動はまず、植樹まえの地面の整備からで、落ち葉や折れた小枝の掃い、生い茂った雑草を除去します。気温自体は高いものの、緑あふれる木々に囲まれて身体を動かすと心までほぐされて行くようです。

植樹するのは、どんぐりの樹です。自分たちできれいにした地面にショベルで穴を掘り、そこに今はまだ小さな苗木を植えます。

アイジーの森 自分たちで手入れする地元の森林

アイジーの森 自分たちで手入れする地元の森林

アイジーの森 自分たちで手入れする地元の森林

アイジーの森 自分たちで手入れする地元の森林

ひと仕事を終えたあとは、いよいよ昼食です。

自然の中で食事と言えば、定番のカレーですね。本当にキャンプみたいですが、豊かな緑に囲まれていただくほど美味しいカレーはありませんね!(笑)

アイジーの森 自分たちで手入れする地元の森林

アイジーの森 自分たちで手入れする地元の森林

この日は、森の整備だけでなく、せっかくたくさんの木々に囲まれた森に来ているので、日常ではまず体験できないチェーンソーでの丸太切りを、子どもたちに楽しんでもらいました。

特に子供たちには、今日一日の体験をいつまでも覚えていて欲しいと願っています。来るべき自分たちの未来を、今日この日、自分たちの手で整えるお手伝いをしたのだと。

アイジーの森 自分たちで手入れする地元の森林

アイジーの森 自分たちで手入れする地元の森林