2度目の家づくりで実現した”健康×安住”の家閉じる 個別相談してみる

  • 2度目の家づくりで実現した”健康×安住”の家
  • 雨に当たらない、深い軒がかかった玄関ポーチ
  • シューズクロークまで一直線で繋がる使い勝手のいい玄関
  • 奥行きが深く、自転車も楽に出し入れ&置いておける
  • 広い吹抜けにより、南北に長い土地でありながら奥まで明るいお住まいを実現
  • 和室や2階とも一体感が感じられるLDK
  • 家の中心部に設けた4.5畳もの広い吹抜け
  • 階段ホールから繋がるロフトスペース
  • 引き戸の開閉により、客間としてもリビングの延長としても使える和室
  • 和室の天井は杉の羽目板仕様とし、ほっと落ち着く空間に
  • 玄関からそのまま出入りできる和室は、急な来客対応時にも◎!
  • 共働きご夫婦の家事ラクを実現するランドリールーム

以前のお住まいが築20年を越えリフォームや建て替えを検討していくうちに、「もっといい環境で暮らしたい…!」と、住み替えを決意されたU様。
以前のお住まいに引っ越した時に”声が出なくなる” という辛い経験をされたため、2度目の家づくりで最も大切にしたことは、”身体に害がない”ということ。「数え切れないくらい沢山の住宅会社をまわりましたが、”自然素材”をうたいながらも材料に合板を使用している会社も多くピンと来ませんでした。その点 0宣言の家は見えないところまで自然素材にこだわっていてここなら安心してお任せできると思いました」とアイジーでの建築理由を話して下さいました。
そんなU様が安住の地として選ばれたのは、これまでの生活圏とも大きく変わらず、交通アクセスもよい住宅地の一角。南北に細長い土地の形状に配慮して、日当たりのいい南側に客間兼リビングの延長として使える和室を、さらにその奥にあるリビングは2階からの光も入るよう吹抜けを設け、奥まで明るいお住まいを実現されました。

古民家&和モダン
岡崎市 U様邸 お客様の声を見る
敷地面積 150.37㎡(45.48坪)
延床面積 110.14㎡(33.25坪)
1F床面積 64.59㎡(19.50坪)
2F床面積 45.55㎡(13.75坪)

こちらの事例もおすすめです

Page Top
facebookでシェア