ブログBLOG

住宅取得の資金計画に役立つ一番正確な情報

2021.10.18

今回は、住宅取得の資金計画のための一番正確な情報の入手法をお伝えします。

いざ、住宅を取得しようとした時、多くの方にとって一番気になるのは、それにかかる資金ではないでしょうか。

建てる土地や建物の間取り、仕様、デザインなどはもちろん重要ですが、それもすべては予算次第。だからこそ、まずは、正確な資金計画を立てることから始めるのは、もっとも安全かつ確実に住宅取得計画実現の王道となるのです。

 

1.情報の海に溺れないこと

指先ひとつであらゆる情報に気軽にアクセスできる現代は、だからこそ、誤った情報に振り回される可能性も高いといえます。住宅取得では、他に比べようのない高額な出費となり、入手した情報の間違いが元で、予算オーバーしたり手戻りが発生したり、最悪の場合、計画が白紙に戻ることもあり得ます

それにも関わらず、そもそも住宅取得に関しては、お金を含めたほぼ全てのことについて、一般の方は有用な知識を持ち合わせていないのが実情です。そこに、インターネットの様な便利すぎるツールがあると、何が正しくて何が間違いなのか判断がつかないまま検索することとなり、住宅取得計画という船から落ち膨大な情報の海に溺れることになりかねません。

だからこそ、知っておくべき基本的な知識は、最低限「正しさの確実性」が高い情報提供元を抑える必要があります。

 

2.建築業界関連のメーカーサイトと公的機関のサイト

情報の提供元は、インターネットだけでなくテレビ、ラジオや書籍などの紙媒体も考えられますが、テレビやラジオは、そもそも住宅取得の為の情報提供は皆無ですし、書籍は情報の新鮮度に劣ります。

そうなると、参照する情報提供元はインターネットのwebサイトが最も有効と言うことになり、情報の海に溺れない様にする必要が出てくる訳です。これは、web検索している内に分かるというものでもありませんので、それが「建築業界関連のメーカーサイトと公的機関のサイト」だということを、ここで覚えてしまいましょう。

 

3.具体的な参照サイト

今回は、資金計画のためという目的なので、主に税制やその優遇措置、補助金や環付金などの制度について調べる事になると思います。そして、その為のサイトは、税制の最新情報であれば国校通省のサイトの税制ページが最も新しくて正確で、補助金や環付金などの制度であれば、 総合建材メーカーのYKKかLIXILのサイトの公的優遇制度の紹介ページが網羅的で分りやすく、非常にお勧めです。

 

3.1.国交省サイト 住宅税制のページ

お勧めの税制ページは、国交省のHPから、ホーム>政策・仕事>住宅・建築>住宅の順に辿るとある「住宅税制」のページです。

↓クリックで拡大

国交省サイト住宅税制ページ

↓クリックで拡大

国交省サイト住宅税制ページ

こちらのページでは、税制とその優遇措置だけでなく、給付金などその他の優遇措置についても記載されており、住宅取得において国が定めるお金の制度を知ることができます。

まずは、住宅取得の資金計画を考える上で、必ず発生する税金とその優遇措置、そして利用できるその他の優遇措置を抑えると良いでしょう。

国交省サイト住宅税制ページはコチラから。

 

3.2.YKK、LIXILサイトの公的優遇制度の紹介ページ

言わずと知れた国内の大手総合建材メーカーのページです。

YKKサイトは、ホーム>ビジネスのお客様 HOMEにある「法令・制度」ページです。

↓クリックで拡大

YKKサイト 法令・制度ページ

画像の赤枠で囲ったリンク先ページに各種制度の詳細へのリンク先が設置されています。

 

そして、LIXILサイトでは、ホーム>公的優遇制度のご案内にある「公的優遇制度のご案内」ページとなります。(リンクバナーは「お勧め情報」のタブ内にあります。)

↓クリックで拡大

LIXILサイト 公的優遇制度のご案内ページ

こちらも、赤枠のリンク先のページで詳細が記載されています。

 

どちらのメーカーのページも国が定める優遇制度を網羅しいるので、自分の使いやすい方を選べば良いでしょう。

 

YKKサイトの優遇制度解説ページはコチラから。

LIXILサイトの優遇制度解説ページはコチラから

 

4.優先順位と使い分け

国交省とメーカーのどちらのサイトにも、税制と優遇制度についての記載ページがありますが、どちらを先に見るべきかについては、各ページの記載の特徴を考えて判断されると良いでしょう。

例えば

①税制も優遇措置も全体的に俯瞰して理解したい場合

見るべきサイト → メーカーサイト
(理由)あらゆる情報をまとめて目次化していて見やすくなっているため。

②制度の変更や修正などの最新情報を確認したい場合

見るべきサイト → 国交省サイト(※)
(理由)制度を定める大元の公的機関であり、最新かつ正確な情報のため。

※ZEHなどの制度については、関係する他の省(経済産業省、環境省)のサイトを見る必要がある場合もあります。

 

つまり、優遇制度の全体像やそれぞれの制度の内容を知りたい場合は、メーカーサイト。そこではカバーしづらい制度の変更(適用期間など)や修正(未確定事項の確定内容など)などは当該省庁のサイトを利用すると、効率よく情報収集できます。

国交省などの省庁サイトでも、各制度の内容の詳細はもちろん掲載されていますが、住宅ローン減税、すまい給付金、ZEHなど、各制度の説明ページが個別に存在しており、俯瞰的に一覧できるページがないので、非常に情報収集の効率が悪いので、各サイトの特徴を上手く利用して使い分けるのがコツです。また、優遇制度だけでなく住宅施策に関する最新情報の確認は、国交省の「住宅」ページがお勧めです。→コチラから。

 

5.<重要>全部自分だけで情報収集しないこと

上手く活用すれば、数万~百万円単位のお金の節約も可能な各種優遇制度ですが、これらの情報を条件の適用可否やお得な活用方法などを自分だけで調べるの現実的ではありません。事実、ある制度を活用した場合は別のある制度は活用できないなどの条件があったり、既に応募数が満たされ締め切られていることもあります。

従って、住宅取得に欠かせない重要な資金計画のための、税制や各優遇制度の活用については、YKKなどのメーカーサイトの優遇制度紹介ページで概要だけ押さえ、わが家の取得計画では何をどの様に適用するべきかは、知識と経験豊富な建築会社と協力して検討していくことを強くお勧めします。

 

アイジースタイルハウスでは、知識と経験豊富なスタッフが、確実な優遇制度の扱いについて、分かりやすく丁寧にご説明いたします。ぜひ、ご相談ください

豆知識くん

豆知識くん

この記事に関連したブログ

EMOTOP浜松

(浜松スタジオ)