ブログBLOG

Houzzで好みのインテリアデザイン事例を集めよう!

2018.7.13

Houzz(ハウズ)と言う、住宅デザインの情報サイトをご存知でしょうか?

ひと言では収まらない利用価値の高さを誇るサービスを展開していますが、今回は、家づくりを計画中の方に役立つ、インテリアデザインの事例を集めるツールとしての利用方法をご紹介します。

2009年アメリカで誕生し、日本では2015年4月にサービスを開始。
住宅建築やりリノベーションの際のデザイン参考事例サイトとしては、プロの意見、情報、事例が豊富に集積されている、国内の同じカテゴリのサービスとは一線を画したサイトです。

注文住宅ならではの大きな楽しみの一つが、どんなインテリアにするのかを考えることだと思います。そんな時、一定以上の品質の事例を一度に大量にストックできれば、その分、色々と自分で考えたり、比較検討することができますね。

 

1.Houzzを起動する

webサイトはこちら↓
住まいのアイデア、インテリア写真、専門家一覧│Houzz

アカウントの登録画面が出ますが、登録無しでも利用できます。

PCサイトは、「Houzzをはじめる」ボタンを押すと、アカウント登録画面に変わるのでご注意を。
押してしまった場合は、一度戻れば大丈夫です。

スマホアプリも用意されています。(アプリのインストールは各自でお願いしますね。)
以降、アプリの画面でご紹介します。(画像は全てiPhoneアプリのものです。)

スマホの場合は、左上の「×」でアカウント登録画面を消せます。

 

家づくり計画の期間中このサイトを活用するのであれば、収集事例を保存するなどHouzzのサービスを存分に利用すると便利なので、アカウントを登録されることをおすすめします。(全て無料ですしね。)

 

2.インテリアデザイン事例の収集のみに利用してみる

先に述べた通り、メニューを見るといろいろと使えるサービスが用意されている事が分かりますが、今回は、これから住宅を建てる方やリノベーションをお考えの方に、「手っ取り早く一定の品質の事例を集める。」ことを想定した操作に絞って、ご紹介して行きます。

例えば、キッチンの事例を集めようとすると・・・


画面の①「写真」を選択すると表示されるメニューから、②「絞り込み」を選択します。


すると、最初の絞り込み条件が表示されます。
その中から、例えば「部屋」と言うカテゴリーを選択します。


次に部屋の一覧が表示されるので、ここでは「キッチン」を選びます。

ここからが、Houzzの優れたポイントになります。
それは、さらに絞り込みができる様、選んだ部屋に適応した詳細な選択肢が表示されるところです。

上の画面では、選んだ「キッチン」に適応する選択肢が多数表示されていることが分かります。

ここでは、「シンク」について「シングルボウル」選んでみました。(画像は省略)

メニューを上部に戻し、「スタイル」には「インダストリアル」を選びます。

( ↑ このメニューの下部に、先の「キッチン」関する詳細な選択肢があります。)
最後に、「完了」を押します。


すると、条件に合致した事例が554件抽出されました。
自分で選んだ絞り込み条件も表示されているので、選択に間違いが無いかも簡単に確認できます。

次に、気になる事例を選択すると拡大表示されます。

①「詳細」ボタンを押すとその写真の情報(提供元会社名など)を確認でき、②のマークを押すといくつかのメモツールが表示されます。

↓ ②のマークを押したところ。

距離手動入力(測定不可)、矢印、文字、マーク、別画像の貼付け、家具配置(反転以外の向き指定不可)、ライン描画が可能で、文字の大きさ線の太さ指定と色の選択が可能です。

(例)

この様に編集した画像は、自分のお気に入りとしてフォルダに分けて保存できます。

 

2.まとめ

この様に、ほんの数年前まではインテリア専門誌をいくつも買って、カラーコピーした上でカットしてスクラップブックを作ると言う、大変な手間と時間とそこそこのお金が必要だった作業が、タダで簡単に大量にスクラップすることを可能にしてくれたのが、このHouzzと言うサイトです。

他に似ているサイトもいくつかありますが、一般の方による事例投稿が主体で、趣味やDIYを主体とした傾向が強いようです。
それはそれで別の楽しみ方や利用価値があると思いますが、住宅建築の打合せ中など、限られた時間の中で効率よく効果的に、そして一定の品質以上の事例を集めて検討する必要がある場合は、このHouzzは優れたツールになると思います。

これから我が家の建築を計画しようとされる方であれば、このHouzzをぜひ使ってみて下さい。そして、その他にも用意されている様々なサービスを存分に活用し、夢の我が家の実現にどうぞお役立てくださいね。

豆知識くん

豆知識くん

この記事に関連したブログ

EMOTOP浜松

(浜松スタジオ)