ブログBLOG

勝手口 ストライクの調整<ハウツーシリーズ>

2020.3.05

勝手口の鍵が掛からない!

そんな時も慌てず自分で対処可能です。

ドアのラッチと鍵の構成は、玄関も勝手口も一緒。ここでもドライバーだけでストライクを調整すればOKです。

もし、お出掛けや就寝時に玄関やドアの鍵が閉まらなくても、これでもう慌てずに済みます。

勝手口 ストライクの調整

 

1.勝手口 掛からなくなった鍵を直す

鍵を直すといっても、大げさな作業は一切不要。玄関同様、扉の枠に付いているプレート「ストライク」の調整で大抵は直ります。

今回は、引き戸タイプの勝手口の場合です。

 

1.勝手口の引き戸のカギが掛からない

勝手口引き戸のカギが掛からない

写真の様に、鍵を掛けるためのレバーが最後まで押し込めず、鍵が掛からない場合の直し方です。

 

2.必要な道具はドライバー

ドライバーで枠のプレートを緩める

引き戸を開け、枠に付いているプレートのビスをドライバーで緩めます。用意するドライバーの+か-かは、ビス頭の溝の形状で確認してください。

 

3.プレートの位置を調整します

ビスを緩めるとプレートが上下に少し動く様になるので、位置を調整します。多くの場合、少し下に移動すると鍵が掛かるようになります。

 

4.プレートの固定

プレートを固定する

プレートの修正位置をずらさないよう緩めたビスを締め直し、プレートを固定します。

 

5.完了

鍵が掛かることを確認する

勝手口ドアを閉め、鍵が掛かる事を確認して完了です。

 

↓動画はコチラ

豆知識くん

豆知識くん

この記事に関連したブログ

EMOTOP浜松

(浜松スタジオ)