ブログBLOG

玄関ドア 引き戸の正しい開閉<ハウツーシリーズ>

2020.3.12

玄関ドアの閉め方は、開き戸、引き戸ともに正しい方法があります。

このハウツーシリーズでは、屋内外を問わず扉に関するテーマが多いのですが、それは、普段の生活でも扉の不具合が多いためです。

この動画では、玄関引き戸の正しい開閉についてご説明しています。普段の生活で何気なくやってしまっていたら、この機会にぜひ正しい方法でする様にしてみてください。

玄関ドア 引き戸の正しい開閉

 

1.正しい使い方もメンテナンスのひとつ

1.引き戸玄関ドアの正しい閉め方

引き戸玄関ドアの正しい閉め方

ドアの開閉種類には、人の進行方向に開閉する開き戸と、左右にスライドして開閉する引き戸があります。今回は、引き戸の開閉の注意点です。

 

2.ソフトクローザーは壊れやすい

力づくで閉めるとドアのソフトクローザーが壊れやすくなります

最近の玄関引き戸は、手を放しても自動的に静かに閉まる「ソフトクローザー」が付いておりますが、日々のドアの開け方によっては、壊れやすくなります。

ソフトクローザーが壊れやすくなる閉め方は、主に2つあります。

 

3.力づくで閉めてはいけない

力づくで閉めるとドアのソフトクローザーが壊れやすくなります

その1つ目が、ドアを力づくで閉めることです。

 

4.勢いよく閉めない

勢いよく閉めるとドアクローザーは壊れやすい

2つ目は、勢いよく閉めることです。

これら2つの閉め方は、自然に閉まろうとするソフトクローザーに無理な力が掛かり、壊れやすくさせてしまいます。

 

扉はただ開け閉めするだけの部材ですが、日常的に動かす場所だけあって、開きにくい、閉まらない、鍵が掛からないなどの問題が頻発する箇所でもあります。

たかが扉と言えど、正しい使い方をするというのも我が家を大切に扱うためのメンテナンスと言えます。間違った使い方で大切な我が家の寿命を縮めてしまわない様にしたいものですね。

 

↓動画はコチラ。

豆知識くん

豆知識くん

この記事に関連したブログ

EMOTOP浜松

(浜松スタジオ)