工法・性能

制振装置 MER-System

構造を強くするだけでは地震対策は不十分

阪神淡路大震災を契機に、今まで日本の家づくりでは、地震対策として構造を強くして地震の揺れに耐える「耐震工法」が中心とされ、耐震工法の技術は飛躍的に高まりました。しかし近年、木造住宅本来の特性でもある粘り強さ、地震エネルギーを吸収する構造が見直されています。

2009年10月、独立行政法人 防災科学技術研究所(通称:E-ディフェンス)で、耐震工法の効果を確かめるための実験が行われました。左側が耐震基準不適合の家、右側が耐震等級2の建物です。

制震装置 MER-System

ご覧のとおり、耐震等級2の家の方が先に倒れてしまう結果となりました。専門家の見解の中には、「建物を強くする耐震工法では限界がある」 「地震エネルギーを吸収する仕組みが必要」という意見もありました。

なぜ、固く強くした建物でも倒れてしまうのでしょうか。それは、「共振」という現象が原因です。建物はそれぞれ、固さや高さ大きさによって「固有周期」という周期をもっています。それに、地面の揺れが加わり、周期が一致すると揺れが増幅し、建物が揺れます。これが「共振」です。

制震装置 MER-System 共振

つまり、建物は固くても柔らかくても揺れるということです。共振を防ぐには、建物の固有周期と地震の周期を一致させないことが大切です。地震エネルギーを吸収する仕組みがあると、この周期の一致を防ぐことができます。

耐震+制振工法で余震にも耐えられる家へ

実際に地震が起きたとき、耐震工法だけでは、本震の揺れに耐えることができたとしても構造材へのダメージは避けられず、余震で倒壊してしまったり、再び住むことができなくなってしまうかも知れません。そこで、アイジースタイルハウスでは、ご希望により耐震+制振工法を取り入れていただくことも可能です。

制振とは、地震のエネルギーを吸収する仕組みです。制振装置を構造材として組み入れることで、家全体の揺れを軽減する効果があります。これにより、もともとの「耐震」性能をサポートし、より安全な家になります。

制震装置 MER-System 耐震・制震工法

耐震+制振工法は、地震の揺れによって家の大切な構造部材の損傷を軽減します。このため、本震で家が倒壊することを防ぐだけでなく、余震にも耐えることができます。そして、構造材が傷まなければ、大きな地震の後も同じ家に住み続けることができます。

いつか必ず起きる南海トラフ地震の影響を最も受ける、静岡県・愛知県で家づくりをさせていただいている以上、本当に安心して暮らしていただくため、アイジースタイルハウスでは、ご希望により耐震+制振工法も取り入れていただくことが可能です。

制振装置 MER-System

アイジースタイルハウスでは、制振装置としてMER-Systemを使用しています。

HKS MER-Systemは、静岡県富士宮市の株式会社HKSが、2013年に発表した木造住宅用制振装置です。自動車用のダンパー技術を応用し、伸縮が始まった瞬間からエネルギー吸収が始まり、層間変形にブレーキを掛けます。あらゆる周波数に対応するため、地震による振動のみならず、近隣の走行車両の交通振動も軽減します。

MER-Systemの特徴は主にこの3つです。

■48%地震エネルギーを吸収

■バイリニア特性とシングルチューブ構造

■製品性能と製造工程


48%地震エネルギーを吸収

木造住宅用制振装置「HKS MER-System」は、自動車等のショックアブソーバー技術を木造住宅用に応用したものです。 木造住宅に制振装置「HKS MER-System」を取り入れることによって、地震の初期の揺れから、繰り返し何度も起こる余震まで、建物に伝わる地震エネルギーを約48% 吸収し建物への負担を軽減します。

バイリニア特性とシングルチューブ構造

■バイリニア特性
振動の大きさに関わらず、常に高い減衰力を発揮できるよう設計されています。これにより、住宅1棟1棟異なる固有周期に合わせた減衰力を発揮し、共振を抑え、構造部材の損傷を防ぎます。

■シングルチューブ構造
住宅の壁内に長期間設置されることを想定し、シングルチューブ 構造を採用しています。多くの制振ダンパーで採用されているツインチューブ構造だと、長期間放置するとオイル室に空隙が生じ性能が下がります。これを防ぐため、シングルチューブ構造を採用。さらに、特殊オイルシール部材を用いることで、オイル漏れを解消しています。

ベアリング機能 ※特許出願中

MER-Systemはシャフトの付け根にベアリングを採用し、地震の揺れをより迅速かつ正確に減衰できる構造になっています。
これは、HKS独自の機能であり特許出願中の技術です。

【ベアリングによる効果
・複雑な地震動によるねじれ方向の力も吸収できる
・あらゆる方向の小さな揺れも装置へ迅速に伝えることができる
・リフォーム等で柱にゆがみが発生していても取り付け可能

製品性能と製造工程

製品性能

制振装置 MER-System 製品性能

モータースポーツにおける性能は「コンマ」何ミリ、何グラムの性能を要求されます。HKS MER-Systemは、この厳しいレーシングフィールドのステージで鍛えられた技術で開発された画期的な制振装置として、HKSのレーシングスピリッツを継承し完成された製品です。クルマしか知らないHKS にとって、木造住宅用制振装置の世界は「未知」でした。それは同時に木造住宅に対する問題を新鮮に受け止める事ができました。そして、さまざまな問題に真正面から取り組み、解決するため、いままでの木造にはあり得ない試験をモータースポーツよりフィードバックさせ、優れた制振装置を誕生させることができました。

製造工程

制振装置 MER-System 製造工程

安定した性能と耐久性を兼ね備えた「HKS MER-System」は、各製造工程での徹底した品質管理を行うために、ISO 認証自社工場にてすべてを内製化。HKS独自の生産設備? 検査設備を用いた生産データは、全ての製品にシリアル番号を付加し保管されています。

20年保証

このような徹底した品質管理によって、制振装置として「20年間の製品保証」を付けています。

このページを見た方はこちらのページもよく見ています

会社案内

「仕事を遊びそこから学ぶ」ライフプラン事業部長 立田ブログ

ブログ一覧

プロモーション動画

facebook

お客様の声

ゼロ宣言の家

iG Style House リフォーム部門

Page Top
facebookでシェア