よくあるご質問

耐震性について教えて下さい。

通常3階建て以上の建物に実施される「構造計算」を全ての建物において実施しています。さらに耐震等級2相当を最低基準に設定しております。

構造計算のページへ

構造材について教えて下さい。

アイジースタイルハウスの使用する柱・梁・桁・土台・大引きなど全ての構造材は、全て無垢材を使用しております。柱、土台などの構造材は十分に乾燥させた無垢の「天竜材」を使っています。
主要構造部の柱には天竜杉、土台には天竜ヒノキを使用し梁は米松が基本仕様となっています。
(※梁を天竜材に変更することで静岡県、浜松市の助成金制度の対象になります)
各部材はコンピュータ制御され、含水率など一定基準以上の品質管理を行い、精度の高いプレカットにて加工します。確かな素材選定と先進のテクノロジーにより構造部分の強度と精度をさらに高めています。
天然の無垢材を構造に用いた建築物は、歴史ある神社仏閣等の木造建築でも明らかなように、数百年にもおよぶ頑強さを証明しています。

無垢構造材のページへ

外壁のメンテナンスは?

外壁の材料であるセレクトリフレックスは伸縮性があり、塗り壁で一番心配されるクラックは入りにくくなっています。

外壁塗り壁(セレクトリフレックス)のページへ

ページの先頭へ

無垢材のメンテナンスは?

お引渡し時には自然塗料を塗布した状態でお引渡しいたします。

普段のお手入れは通常のお掃除と同様で構いません。(モップ・掃除機など)拭き掃除は固く絞った雑巾でしてください。水分が多いと反りや割れの原因になります。しつこい汚れは中性洗剤を水で薄めたものを使用して、その後に固く絞った雑巾で洗剤をふき取ってください。出来れば水拭きをしたあとにはから拭きをすることをお勧めします。

ワックスは出来れば3ヶ月に一度が理想的です。ワックスに関しても蜜蝋や植物油など自然素材を原料にしたものが市販されていますのでそのようなワックスを推奨します。しっかりと手入れしてあげれば経年によりツヤ、風合いが増します。

軽微な傷や凹みはアイロンなどの蒸気をあてて膨張させてある程度は補修できます。また、表面を薄く削れば再仕上げすることが出来ます。

安心の厳選素材ページへ

無垢材って反ったりしないの?

十分に乾燥させた床材を使用していますが、生木なので季節によっての膨張、収縮はあります。ただ、30ミリの床材を使用していますので通常の15ミリの無垢材に比べると反りは少ないかと思われます。

ページの先頭へ

塗料の安全性能は?

室内木部の塗料にはエコ先進国であるドイツ製の「リボス社」の自然健康塗料を使用しています。成分は亜麻仁油です。亜麻仁油は健康食品としても認定されており、 そのまま飲めるというくらいの安全性があります。

安心の厳選素材 塗料のページへ

塗り壁の汚れってどうやっておとすの?

基本的にビニールクロスに比べると汚れや傷はつきやすい材質なので ある程度はご了承いただくしかありません。

汚れが付いた場合は市販の「激オチスポンジ」に軽く水を含ませてたたくようにして 汚れを除去してください。その後、きれいなタオルや布で拭いてください。

念のため、お引渡し時に使用した塗り壁材を少量お渡ししております。 補修が必要になった際にご使用下さい。

100%自然素材の塗り壁 スペイン漆喰のページへ

ページの先頭へ

床材の種類はパイン材だけ?

パイン30mmフローリングが標準になっておりますが、杉、ひのき、さくら、なら、メープルなど、多様な無垢材に対応しております。

無垢フローリングのページへ

ホットカーペットは使用できる?

直接、敷くのは避けてください。反りや割れの原因になります。ホットカーペットを敷く場合は断熱性の高いマットなどを敷いた上に敷いて下さい。

最近は床暖房対応の無垢フローリングもありますが、コスト的に高くなってしまいます。

セルロースファイバーって濡れないの?

施工箇所は天井裏、壁内なので施工不良などによる雨漏りや水漏れなどがない限り直接、濡れることはありません。

セルロースファイバーのページへ

ページの先頭へ

規格プランからの間取りになるの?

全てお客様の要望を踏まえて自由設計、注文住宅となります。

商品ラインナップのページへ

設備は指定のものだけ?

標準仕様として定めておりますが、お客様のお好きな設備をお選びいただけます。(プラス、マイナスの差額は生じます)

工期ってどのくらい?

天候や大きさにもよりますが、基礎着工よりおよそ4ヶ月?4.5ヶ月です。

検査・工事の流れのページへ

会社案内

「仕事を遊びそこから学ぶ」ライフプラン事業部長 立田ブログ

ブログ一覧

プロモーション動画

facebook

お客様の声

ゼロ宣言の家

iG Style House リフォーム部門

Page Top
facebookでシェア