COLUMN

IG家づくりコラム

注文住宅の頭金とは? | 準備と手続きの注意点

頭金とは、建築費用の一部をある程度まとめて現金で支払う為の手段です。

注文住宅を建てる際、頭金の準備はその後の住宅ローンの返済負担を軽減してくれる効果的な手段となります。しかし、単に額が多ければ良いと言う訳では無く、ある程度の金額に達したら住宅ローンなどを利用して建築計画を実行した方が良い場合や、十分に余裕のある現金があっても、全額を頭金としては使用せず、あえて建築費の一部は住宅ローンを組んで返済した方が安心できる場合もあります。

 

1.頭金の役割と適正金額

頭金の準備は、住宅ローンと上手く組み合わせることで、建築後の生活を安心して過ごせる様にしたりする事が目的です。

 

頭金は、大きいほど住宅ローンの返済負担が軽くなるので、建築後の生活の助けにはなります。しかし、いつまでも生活を切り詰めて頭金を貯め続けていればストレスにもなり、せっかく建てても実際に住む期間が何年間も短くなってしまうと言うジレンマもあります。

 

建て主にとって、頭金の適正金額は建て主の収入や描く将来計画などによってそれぞれである為、しっかりとライフプランを立てた上で適正な額を判断する事が大切です。

 

2.頭金無しで注文住宅を建てられるのか?

結論だけ言えば、手段を講じれば頭金ゼロでも注文住宅は建てられます。

 

注文住宅を建てる場合、それに伴う表題登記や所有権登記等の費用、水道の加入金(負担金)や申請費など、住宅ローンの借入れには含める事ができない費用が発生します。

これらは現金による支払いが一般的ですが、近頃の金融機関では、それら用のローンもあったりする為、これを住宅ローンとは別に組むことで頭金無しでも建てる事が可能となります。

 

ただし、同じ金融機関で住宅ローンを組む事が必須条件となる事が多く、その場合、住宅ローンの金利が高くても選択の余地が無い場合もあるので、事前にしっかりと内容を理解した上で判断する事が大切です。また、このローンによる支払いができない出費が他にあれば、現金で対応する事になるので要注意です。

 

この様な方法で建物を建てる場合、毎月の返済と税金、その他急な出費が生じても大丈夫かどうかを事前のライフプランシミュレーションで検討する事が非常に重要です。

このカテゴリに関連する記事

火・水定休
受付時間10:00~18:00