火・水定休
受付時間10:00~18:00

COLUMN

IG家づくりコラム

注文住宅を契約するときの注意点 | 準備と手続きの注意点

注文住宅の契約を一般的に請負工事契約(または単に請負契約)と言います。これは、既に建っている建物を購入する売買契約の様な「物販」とは異なり、建物を完成させる為の行為(=工事)を建築会社が請けると言う契約です。

 

いずれの契約形態であっても、その内容をしっかりと理解、納得していることが大前提です。例えば、契約後のクーリングオフと言う無条件解約制度も、無条件に適用できる訳ではありません。ややこしいですね。

 

ここでは、建て主となるあなたが、注文住宅を建築会社と契約を交わす際、注意しておくと良いポイントについてお話しします。

 

1.契約前に金額とその内容を十分に確認する

まず契約前に、契約する税込金額とその内訳を確認しましょう。

 

建築会社によっては、契約直前までは概算金額の提示で契約当日に詳細金額が明確になる所もあります。

その場合、打合せした内容やあなたの要望が反映されていなくても、契約当日に見落としてしまえば、契約後に何とかすると言うのは非常に困難です。

この様な事態で不足事項を追加しようとすれば、追加金額を請求される事になるのが一般的です。

 

つまり、理想の我が家にしようとして予算オーバーになるリスクがあると言う事です。

 

この様な事態を避ける為にも、契約前に建築会社と直接会う機会を設け、税込の契約金額とその内容をしっかり説明してもらいましょう。そして、金額や内容に納得が行かないのであれば、遠慮なくその事を正直に伝えましょう。

 

また、あなたの質問に建築会社もまた誠実に対応してくれるかどうかをしっかり見極めれば、契約後も安心して計画を進めることができるのかを判断できます。

 

これも、契約前だからこそできる建て主の権利と言えます。

2.契約必要書類のコピーをもらい契約内容を理解する

契約前の確認を、より確実にする方法もあります。

それは、契約に関わる書類のコピーをもらい、事前に自分で確認しておく事です。

 

見積書の詳細内容は、建築会社の説明を聞かないと理解するのは困難です。しかし、図面や仕様書は、それまでの打合せで何度も目にしていると思います。その見慣れた書類の契約前のものをもらい、事前に確認しておけば不足や間違いがあったとしても契約前に関知することができます。また、契約書の約款や保証や保険の内容が分かる資料もできれば一緒に目を通しておくのも、安心して契約に臨める対策になります。

 

3.引渡日を確認する

契約後に発生するトラブルの中で多いものの1つに、引渡日の遅延があります。

遅延の原因は状況により様々で、どちらか一方に全責任があるとは言い切れない場合もあります。しかし、少なくとも引渡日の遅延は建て主側に大きな影響を与える事は事実。

遅延が発生するリスクを判断する為にも、また遅延が発生しても対応策が打てる様、契約書に記載された引渡日をしっかりと確認しましょう。この際、遅延が発生した際の補償や賠償などの内容も契約約款などで理解しておくことも大切です。

 

面倒な話しですが、建築会社に全てを任せっきりにしてはいけません。

大切なお金を払う自分が、自らリスク回避の手を打つと言う手間に納得が行かないかも知れません。

しかし、大切な資産を投じる「我が家の建築」だからこそ、建て主であるあなたが、プロデューサーとして、監修者としてそのビッグプロジェクトを成功に導くと言う姿勢を建築会社に示すことが重要です。契約内容を確実に理解しようとするあなたのその姿は、受注さえできれば良いと考える建築会社を寄せ付けない事にもなります。

 

このカテゴリに関連する記事

火・水定休
受付時間10:00~18:00