COLUMN

IG家づくりコラム

注文住宅に入居するまでの「ホント」の流れ | ご入居までの流れ

建築会社と注文住宅の打合せを始めてから入居するまでの流れを、土地探しを含めてご説明して行きます。

 

情報誌やWebサイトの多くで、注文住宅入居までの大まかな流れは

 

「情報収集 → 土地や建築会社探し → 土地契約 → 建物契約 → 着工 → 引き渡し → 入居」

 

と言う表記が多い様です。

 

しかし、実際にこの流れで進めると、建て主であるあなたに不満が残る家造りになるリスクが高いと言うことを、ぜひ知っておいてください。

 

1.注文住宅入居までの安全な流れと必要な期間

では、どの様な流れが良いのか?と言うことですが

 

 

情報収集(=建築会社探し) → 建築会社選定(1、2社に絞る) → プランニングしながら土地探し → プラン、予算確定 → 土地契約 → 建物契約 → 着工 → 引渡し

 

と言う流れをお勧めします。この理由は重要なので後述します。

 

また、建築会社とのプランニング開始から入居までの期間についても、同じ規模の建物でも会社によって数ヶ月の差がでる事がありますが、次の期間がおおよその目安です。

 

建築地があり打合せが順調に進んだ場合で8~12ヶ月程度、農地転用などの許可条件がある場合は1年半以上掛かる事もあります。これに、情報収集開始から建築会社決定までの期間が加わりますが、人によってかなりの差があります。

 

2.入居までの実際の流れ

上記1.の流れは、もう少し細かく見ると

 

①情報収集(=建築会社探し) → ②建築会社選定 → ③ラフプランで概算把握(同時に土地探し) → ④購入地決定、詳細プランニング開始 → ⑤土地契約 → ⑥建物配置、プラン、予算確定 → ⑦建物契約 → ⑧詳細打合せ(仕様の細部、予算の詰め) → ⑨着工 → ⑩引渡し

 

となります。

建物契約のタイミングが⑦ですが、実際には建築会社によって異なり、「④詳細プランニング開始」の前後に交わしてしまうところもあるので、注意が必要です。

早い段階で契約してしまうと後戻りできないか、後戻りをする為に契約金を放棄しなければなりませんからね。

 

また、確認申請(建築工事に必須の行政手続き)などの手続きは「⑧詳細打合せ」の途中~「⑨着工」の間に建築会社が手配します。

①情報収集(=建築会社探し) → ②建築会社選定までの流れについては、別のコラム「注文住宅は相談先建築会社の選定が肝」をご参照ください。

 

各段階の期間については

 

①情報収集(=建築会社探し)(期間は個々の状況による)

②建築会社選定(期間は個々の状況による)

③ラフプランで概算把握(1ヶ月前後)

④購入地決定、プランニング開始(土地情報次第の為、期間は不定)

⑤土地契約(④から1週間~1ヶ月)

⑥建物配置、プラン、予算確定(④から2~3ヶ月)

⑦建物契約(⑥確定後速やかに)

⑧詳細打合せ(⑥から2ヶ月)

(着工前までに土地決済)※1,※2

⑨着工(工期3.5~5.5ヶ月※建築会社によって大きく異なります)

⑩引渡し

 

と言った感じです。

 

※1住宅ローンを組み、土地と建物に利用する場合、購入地決定後「ローンの事前審査→本申込(建物契約書必須)→ローン契約→借入先からの入金→土地決済」までの期間として、更に2ヶ月前後必要になります。

 

※2住宅ローンを組み、建物だけに利用(土地は現金決済)する場合、「建物契約後住宅ローン本申込→ローン契約→借入先からの入金(建物工事着工金)」までの期間としては、⑧詳細打合せ(2ヶ月)の間に済ませる事ができる為、別途期間を加算する必要はありません。

 

3.安全な理由

冒頭で、情報誌やWebなどに記載されている

 

「情報収集 → 土地や建築会社探し → 土地契約 → 建物契約 → 着工 → 引き渡し → 入居」

 

と言う流れよりも、

 

「情報収集(=建築会社探し) → 建築会社選定(1、2社に絞る) → プランニングしながら土地探し → プラン、予算確定 → 土地契約 → 建物契約 → 着工 → 引渡し」

 

と言う流れの方が安全とお話ししましたが、その理由は次の通りです。

 

①ある程度のプランと予算が確定していれば、そのプランに合った土地を見る目が養われ、条件に合う土地を探しやすい。

②土地購入代金の支払いに住宅ローンを利用する場合、建築会社との契約が前提となります。土地の購入を決めると速やかな契約を仲介業者から促されます。この時、土地代金の支払いが土地売買の契約後1~2ヶ月後と言う短期間である事が一般的である事が、建て主にとって不満の残るリスクがあると言うことです。

つまり、プランや予算確定前に購入地を決めると、数日~数週間の内に契約し、その後1~2ヶ月と言う短期間で建物の全てを決めて建物の契約をする必要に迫られる事になります。つまり、プランも予算も良く検討できないままに建物の契約をしてしまうリスクが非常に高まるので、それを避ける為に後者の流れで進めた方が良いのです。(※1の解説参照)

 

——————————————————————————-

以上のことは、建築会社も良く知っているので、建物を依頼する建築会社を絞ったら、一緒に土地を探してもらいつつ、プランニングも同時に進めてくれる様相談してみましょう。

もちろん、土地探しを手伝ってくれるかどうかは建築会社にもよりますが、それも建築会社選定の一つの目安になると思います

このカテゴリに関連する記事

    このカテゴリに関連するコラムはありません。

火・水定休
受付時間10:00~18:00