暮らしインタビューHAPPY VOICE

Episode.

「かわいい!」と歓声がこぼれてくる、絵本の世界から飛びだしてきたような家

豊橋市 K様

(夫+妻)

「かわいい!」と歓声がこぼれてくる、絵本の世界から飛びだしてきたような家

Q.家を建てようと思ったきっかけは?

A.3年間アパートで暮らしていましたが、冬は結露がひどくて音に関しても隣人に気を遣いながら過ごしているのが窮屈で…。また、家賃を払い続けるより、自分の家を持ちたいと思っていました。 そんな時、祖父が所有していた土地を譲ってもらえることになり、そこに家を建てることにしました。

Q.アイジースタイルハウスはいつお知りになりましたか?

A.最初はインターネットで知りました。 ホームページ内にある施工事例のページを見ていたのですが、そこに丸い塔がある家の事例が紹介されていて「これだ!」と思いました。 その後、住宅メーカーが集まるイベントに行った時にアイジーさんのブースを見つけて、話を聞いたのがきっかけです。

Q.家を建てると決めたときに、具体的なイメージはありましたか?

A.丸い塔のある家で、その中に螺旋階段を作ることが第一希望でした。 あとは、陽がよく差し込む明るいリビング・ダイニングですね。 室内は白色で統一し、ポイントで大好きなピンクを散りばめたいという思いもありました。

Q.実際に住まわれてみた印象はいかがですか?

A.梅雨の時期でも雨が降っていることを忘れるくらい室内がカラッとしていました。 防音効果も高く、やかましいカエルの大合唱も窓を閉めれば完全にシャットアウト。 おかげで、外の音を気にせず、静かにぐっすりと休めるようになりました。 花粉症の症状がやわらいだことにも驚きましたね。 いつもはGW頃にひどい鼻声になるのですが、今年のGWは家の中にいる間は鼻声になりませんでしたよ!

Q.お気に入りやこだわりのポイントは?

A.本当にいっぱいあります(笑)リビング・ダイニングを明るくすることや、 キッチンは無垢材とタイルで仕上げること、位置にもこだわって、来客があっても見えないように、 そして匂いがこもらないようにして、リビング・ダイニングとは別の場所に設けました。 サスケ(愛犬)専用の部屋を作ったのもこだわりのひとつ。 リビングからサスケの様子がわかるように窓を付けてもらいました。 家事コーナーに付けてもらったカウンターも便利ですよ。 アイロン台としても使用できるようになっています。

Q.家造りを通じて、印象に残ったエピソードは?

A.初めに資金計画をしてくれたことで、とても安心して家づくりを進めることができました。 打ち合わせが毎回楽しかったことが印象に残っています。

  • このお宅の施工事例を見る
  • 天井、梁、床、壁、そして家具まで白でコーディネート。
  • ビングとダイニングを腰までの高さの壁でさりげなく空間をわけて。
  • 水廻りはコンパクトにまとめ、使い勝手も抜群。
  • 丸い塔の中がこの螺旋階段。
  • この事例を見た方はこちらの事例もよく見ています
  • 女性設計士が建てた 理想の健康住宅
  • 薪ストーブのある山小屋風住居で名峰・本宮山を望む
  • BBQやホームパーティーが楽しめる 居心地の良い家
  • 憧れのオープンキッチン×収納力!上質なシンプルハウス
  • 漆喰と無垢の木で建てたプロヴァンスの家
  • 屋根付きテラスがGood!プロヴァンスの可愛い家

火・水定休
受付時間10:00~18:00