暮らしインタビューHAPPY VOICE

Episode.

プロヴァンススタイルの素材にこだわった優しい家

東海市 K様

(3人家族)

プロヴァンススタイルの素材にこだわった優しい家

Q.家を建てようと思ったきっかけを教えてください。

A.元々はアパートに住んでいましたが、いつかは一戸建てを建てたいと以前から思っていました。また、以前住んでいたアパートに同年代の家族が住んでおり仲良くしていたのですが、次々に家を建て引越しをしていったんです。それを見て「早く自分達も!」と思いましたね。

Q.家を建てる時に具体的なイメージはありましたか?

A.プロヴァンス風の外観にしたいと思っていましたね。あと、リビング階段にして子どもが帰ってきたり、友達を連れてきたりする様子がわかるようにしたい、キッチンの天板はカウンターなどで段差をつけないようにしたかったので、フラットな天板にしたいと思っていました。それから、あまり室内に物を置きたくなかったので、収納の場所にもこだわりました。カップボードは家電製品がおけるように収納棚を工夫しました。あと、小さくてもよいので書斎が欲しいと思っていました。

Q.実際に住まわれてみていかがですか?

A.新築の家に住んでいる友人に話を聞いてみるとエアコンにプラスしてファンヒーターなどの暖房器具を使用しているそうですが、うちはエアコンだけで大丈夫でした。ただ、リビング階段なので、熱が上に逃げてしまい、寒く感じることもありました。以前住んでいたアパートもメゾネットタイプでリビング階段があったので、その時と比べれば暖かいです。真冬の光熱費はオール電化で最高で11000円くらいだったかな?どちらかというと、冬よりも夏の方が断熱の効果は分かりました。外から帰って来て玄関を開けた時、アパート住まいの時のように「モワッ」とせず、ひんやり涼しいのには驚きます。エアコンも使用しますが28℃よりは下げないですよ。夏の光熱費は最高で6000円くらいでしょうか?アパート住まいの時よりも下がりましたね。

Q.お気に入りやこだわりのポイントは?

A.キッチンは特にこだわりましたね。沢山の雑誌を見てイメージを膨らませていました。キッチンだけでなく他の部屋もそうですが、あまりものを置きたくないので、置かずにすむように収納の位置・棚の配置と入れるものを考えましたね。外観は、アクセントにレンガをつけたりオーニングをつけたいと思っていたので、色目などこだわりましたね。

Q.一連の工事を通して、アイジースタイルハウスの良かった点は?

A.工事現場から住んでいたアパートが近かったのでよく見に行っていましたが、現場に職人さんがいた時も快く見せてくれたり、「こんな風にできていきますよ」など説明をしてくれたりしました。現場も綺麗だったように思います。

Q.これから家を建てようとする人へ、アドバイスをお願いします!

A.たくさん見学会に行くのがいいのではないでしょうか?また、よく雑誌などを見て自分たちがどういった家に住みたいのかを明確にさせて置くこと、アイディアを練ることも大切だと思います。

  • このお宅の施工事例を見る
  • ご主人手作りのストリートサイン
  • 窓下のレンガとオーニングが目を惹く外観
  • 心地よい空気に包まれた玄関
  • 廊下の幅を広くとるため居室の入り口は斜めに
  • 家族の笑顔が溢れるダイニング・キッチン
  • この事例を見た方はこちらの事例もよく見ています
  • 漆喰と無垢の木で建てたプロヴァンスの家
  • 自然素材で叶えた、永く健やかに暮らせる理想の家
  • 薪ストーブのある山小屋風住居で名峰・本宮山を望む
  • 30社から選んだ “資産価値”のある自然素材住宅
  • アイランドキッチンが素敵!理想的な漆喰の家
  • かわいい絵本がならぶ 自然素材の家

火・水定休
受付時間10:00~18:00