火・水定休
受付時間10:00~18:00

暮らしインタビューHAPPY VOICE

Episode.

本当に無垢の床が心地よく、冬でも素足で過ごすほどです

掛川市 M様

(4人家族)

本当に無垢の床が心地よく、冬でも素足で過ごすほどです

「ゼロ宣言」にとても惹かれました

Q.アイジースタイルハウスに依頼された決め手は?

A.以前の家(団地)で、シックハウス、ぜん息、アトピーなどの症状が出ていたこともあり、自然素材の家にしたいと考えていました。アイジースタイルハウスのオール漆喰、集成材を使用しないなどの「ゼロ宣言」にとても惹かれましたし、自分たちのこだわりを叶えられそう、要望に応えてくれると期待もできたことも決め手になりましたよ。また、価格も明確で社員さんの誠実さにも惹かれましたね。

本当に無垢の床が心地よく、冬でも素足で過ごすほどです

毎月の光熱費も抑えることができています

Q.実際に住んでみていかがですか?

A.断熱性能が高く、冬は暖かいです。店舗部分は土間なので本来ならすごく寒くなるはずなのに、朝2階から1階におりると、ほんのり温かいのには驚きました。エアコンを切ったあとも、温かさが持続するように思います。逆に夏は風がよく通って涼しいですね。おかげで毎月の光熱費も抑えることができていますよ。
それから、本当に無垢の床が心地よく、冬でも素足で過ごすほどです。子どもたちも無垢の床が気持ちいいようで、元気に走り回っていますよ。

  • 本当に無垢の床が心地よく、冬でも素足で過ごすほどです
  • 本当に無垢の床が心地よく、冬でも素足で過ごすほどです

コスト削減にもつながりました

  •  

    Q.2階住居スペースのおススメはどこですか?

     

    A.キッチンは天板が大きく、子どもの宿題スペースにも役立っています。電化製品が見えないように、アンティーク家具の中にテレビもしまっています。

    収納スペースには扉をつけずカーテンで目隠ししたことで、コスト削減にもつながりました。

  • 本当に無垢の床が心地よく、冬でも素足で過ごすほどです
  • 本当に無垢の床が心地よく、冬でも素足で過ごすほどです
  •  

    Q.家づくりにあたって、どんなイメージがありましたか?

     

    A.テーマは「パリのアパルトマン」。

    アンティーク家具が好きで、かねてから集めていたアンティーク家具に合う家にしたいと思いました。 白、ペパーグリーン、茶色の3色をテーマカラーにしてもらいました。

アンティークの棚を中心に空間をデザインしてもらいました

Q.1階店舗のこだわりポイントを教えて下さい。

A.店舗らしく見えるように、生活感を消すこと。店舗に入って正面にあるアンティークの棚を中心に空間をデザインしてもらいました。また、ハーフビルドにも憧れていたので、梁は自分たちでペイントしたんですよ。扉も自分たちで色を塗ったものもあります!住居用の玄関の靴箱は、実家に眠っていたもの(実家では靴箱としての利用はなし)を取り付けてもらいました。

本当に無垢の床が心地よく、冬でも素足で過ごすほどです
  • このお宅の施工事例を見る
  • 健康に配慮した自然素材たっぷりの家は「空気もきれいでとても気持ちがいいです」とお話くださいました
  • LDKの天井は梁見せ仕上げ。壁の塗り方は見学会で見た家を参考にした
  • 住居用玄関。実家から持ってきた靴箱を取り付けた
  • 断熱効果が高いことで、冬の朝も店内はほんのり暖かいそう
  • 真っ白な漆喰壁はイメージしていた「パリのアパルトマン」にぴったり
  • この事例を見た方はこちらの事例もよく見ています
  • スキップフロア×吹抜け!変形地に建てた家
  • 大屋根と三角窓が特徴の、木の温もりを感じる家
  • 名峰・本宮山を望む 薪ストーブのある山小屋風住居
  • シンプルでナチュラル、だけどエレガンス 真に豊かな暮らし
  • 落ち着きのあるインテリアとグリーンに囲まれた シンプル×プロヴァンスの家
  • “資産価値のある家”で自然素材に囲まれた暮らし

火・水定休
受付時間10:00~18:00