100件の中から選んだ「本物」の自然素材の家

100件の中から選んだ「本物」の自然素材の家

名古屋市守山区 S様邸

家を建てようと思ったきっかけを教えてください
家を建てようと思ったきっかけを教えてください子どもが小学校に入学するまでには建てたいなと思っていました。結局、小学4年生になってしまいましたが(笑)以前住んでいた賃貸住宅はカビがひどかったりして、余計に「マイホームが欲しい」と思うようになりました。考え始めた時はマンションも戸建ても考えていたので、いろいろな会社や展示場を見ていました。
アイジースタイルハウスをお知りになったきっかけを教えてください
いろいろな会社を見ているとき、あるモデルハウスの見学をしに行ったのですが、見はじめて10分くらいで頭が痛くなってきてしまう事もあって・・・「なんで頭が痛くなるんだろう?」ってその当時は思っていました。その後、家づくりセミナーがあることを知り参加したのですが、そこでの話が衝撃的で。シックハウス症候群のことや、素材にこだわることの大切さに気づきましたね。また、元々家相に興味があって勉強していたので、家相にこだわりたいと思っていたのですが、「家相よりも風水が良い」という話を聞き、風水にも興味を持って勉強し始めました。

アイジーさん以外にも会社を回りましたよ。モデルハウス、ショールームに遊びに行ったなどの簡単なものも含めれば100社、打合せや話をしたという会社を含めると30社くらいでしょうか?
アイジースタイルハウスに依頼をしていただいた決め手を教えてください
セミナーや担当さんから聞いた話など、あれだけの情報を聞いてしまうと、もう他の会社さんでは建てられないなと(笑)でも、最初はデザイナーズ住宅に憧れていたので、最後の最後まで迷ったんです。でも、デザインよりやっぱり家族の健康面の方が大事だなと思いましたね。さっき、展示場を回っている時に頭が痛くなったとお話しましたが、「無添加」とうたっている会社さんの見学会でも頭が痛くなることがあって、「何が本当なんだろう・・・」と思ったこともありました。そこで会社を探しまわって、最後に行き着いたのがアイジーさんでした。
お住まいになっていかがですか?
夏はすごく快適でしたが、冬はリビングの床がヒンヤリしていて寒かったかな?でも、2階の子ども部屋はすごく暖かかったです。それから、通常の無垢フローリングを使っている部屋と、愛工房の杉材の部屋と比べると香りが違います。愛工房の床を使用している部屋は空気感が違いますね!光熱費は、家が大きくなっているのに、以前住んでいた賃貸の時と変わらないですね。また、セミナーなどで聞いていたのですが、大きなホコリをあまり見なくなりましたね。それにはびっくりしました。
家づくりをしていく中で印象に残っているエピソードがあったら教えて下さい
上棟の時、棟木に一筆書いたのが印象に残っています。あと、左官屋さんとの現場でのパターンの打合せがすごく良かったです。忙しいのに手をとめて下さって、「気にしないで下さい」と言ってこちらの要望・相談に乗ってくれたり、その仕事の仕方や人間性が素晴らしいなと思いましたね。
これから家を建てようとする人へアドバイスをお願いします!
プランなど時間をかけて打合せをしていくことがいいかなと思います。実際に建っている建物を見に行くのがよいかと思います。それから、事前に自分たちがどんな家にしたいのかという事をハッキリさせておくのも良いかなと思います。決まっていない状態でたくさんの家を見るのとは見るポイントも違ってくると思いますし。外構屋さんはプランの打ち合わせ中から同時進行で探して打合せをした方が、完成度の高い家ができると思います。外構によってその家の完成度って変わってくると思うので。
  • この事例を見た方はこちらの事例もよく見ています
  • 本物の“自然素材”を肌で感じる 開放感と薪ストーブのある暮らし
  • シンプルでナチュラル、だけどエレガンス 真に豊かな暮らし
  • 家族と共に時を重ねる 現代和風の家
  • 名峰・本宮山を望む 薪ストーブのある山小屋風住居
  • カーポート×家事動線 家時間が贅沢になる上質な住まい
  • 目の前に広がる空と街並みに心癒されながら家族団らんの時間を楽しむ家
  • このお宅の施工事例を見る
  • 目の前に広がる空と街並みに心癒されながら家族団らんの時間を楽しむ家
  • 玄関ポーチ部分に設けたタイル仕上げのテラス。玄関内のタイルと同じものを使うことで、「玄関が広く見える」と奥様も満足な様子
  • 周りを駐車場に囲まれているため細長い窓でプライバシーを確保
  • 廊下を抜けると開放的なLDKが広がる
  • 吹き抜けから明るい光が注ぐLDK。「1階にいても普通の声の大きさで2階の家族と話せるのがいいですね」とご夫婦
  • 2階から吹抜けを見下ろす。家を支える梁も空間のポイントになっている
  • スタッフ紹介
  • リノベーション部門
  • めおとブログ
  • Movie
  • SNS
  • 資料請求
Page Top
facebookでシェア