自分らしい暮らし方を叶え、住むほどに快適さを実感

自分らしい暮らし方を叶え、住むほどに快適さを実感

豊橋市 K様邸

家を建てようと思ったきっかけを教えてください。
もともと社宅に住んでいたのですが、いずれは新築をしたいと思っていました。上の子もだんだんと大きくなってきていたし、2人目の子どもも考えていたので、一戸建てに住みたいなと。具体的に考えだしたのは、この家に入居する1年くらい前だったと思います。
アイジースタイルハウスに依頼した決め手を教えてください。
素朴でシンプルな家が理想で、最初に見に行った見学会のお宅が自分達のイメージにピッタリでした。また、スタッフさんと話をしてみて、自分達の希望を叶えてくれそうだと思い、お願いしようと決めました。素材にこだわっている点もポイントでしたね。
家を建てる時に具体的なイメージはありましたか?
まず、外観はヨーロッパに建っていそうな家にすることで、壁は白・屋根は赤茶色にすること。窓の高さ、位置は揃えてすっきり見えるようにすること。室内は、対面キッチン、リビング階段にすることでした。社宅住まいの時は、子どもに背を向けて料理をしていたので、子どもの姿が見えず不安だったので。そして、2階は寝るだけのスペースにすること。基本的には、1階のLDKで過ごし、LDKは南側に広くしたいと思っていましたね。廊下などの無駄なスペースが出来る限りない家にしたいなと思っていました。
実際に住まわれてみていかがですか?
夏はエアコンを全く使用しないということはなかったですが、1日中つけっぱなしということはなかったですね。ほぼ1階で生活をしているので、1階のエアコンしか使っていなかったのですが、28.5度設定でも涼しかったですよ。社宅だと26度設定でエアコンをつけっぱなしということが多かったのに…ビックリです。 11月下旬頃でもエアコンは一切使用していなかったですね。朝と夜に1時間程、オイルヒーターを1台、リビングで使用していましたが、それだけで温かったです。昼間はオイルヒーターを使用しない時もありました。 また、太陽の陽射しが当たっていた所の床がとても暖かくて。すぐ近くに実家があるのですが、実家に行くと「寒い」と思うのが、この家だと暖房も何も使っていないのにほんわかと暖かかった事があり、驚きました。
お友達やお知り合いの方の感想・評判はいかがですか?
「かわいい」とみんな言ってくれますね。90歳を超える祖父が家を見に来たのですが、「この家は良い家だ」と褒めてくれたのが嬉しかったですね。年配の方だと、和風の家の方が共感を受けやすいと思っていたので、褒めてくれて嬉しかったです。
家造りをして印象に残ったエピソードがあったら教えてください。
いろいろな思い出がありますが、上棟の時が1番印象に残っています。棟木に家族全員で筆を入れたのですが、それが1番印象的でしたね。子どもも文字とは言えないですが、書いていて嬉しがっていましたよ。お餅投げも行ったのですが、一生に一度の良い思い出になりました。
  • この事例を見た方はこちらの事例もよく見ています
  • 本物のアンティークへ 家族と共に成長する家
  • 大屋根と三角窓が特徴の、木の温もりを感じる家
  • シンプルでナチュラル、だけどエレガンス 真に豊かな暮らし
  • 憧れのオープンキッチン×収納力!上質なシンプルハウス
  • カーポート×家事動線 家時間が贅沢になる上質な住まい
  • 自然の素材感が心地よいヨーロピアンアンティークの家
  • このお宅の施工事例を見る
  • 自然の素材感が心地よいヨーロピアンアンティークの家
  • 屋根瓦の赤茶色と白色の外壁のコントラストが素敵
  • 入口のアール型の垂れ壁がアクセント
  • シューズクロークの入り口もアール型でかわいらしく
  • ベビーカーも楽々収納できるシューズクローク
  • シンプルながらもこだわりが詰まったLDK
  • スタッフ紹介
  • リノベーション部門
  • めおとブログ
  • Movie
  • SNS
  • 資料請求
Page Top
facebookでシェア