健康住宅の一戸建て、注文住宅ならアイジースタイルハウス|浜松、名古屋、豊橋

ブログBLOG

お気に入りのボツプラン④

2020.8.23

こんにちは、森です。

 

久しぶりにお気に入りのボツプランシリーズです。

これです。

 

お気に入りポイントは何といっても
キッチンの正面の中庭。

 

イメージ的にはこんな感じです。

※あくまでイメージです。

 

食事を作りながら自然と目に入る自然の緑。
何という贅沢。

日々のストレスがスゥーっと抜けていくようです。

 

食事の準備時だけでなく天気の良い日なら開放して
ウッドデッキで外の空気を吸いながらの食事の味も格別です。

 

なぜか屋外で食べる食事はおいしく感じられる
ということは誰しもが経験があるのではないでしょうか。

 

均一な人工物に囲まれているより
自然の中の不均一性というか1/fゆらぎというか
そういった中にいると人間の自律神経は副交感神経が
優位になり気分が落ち着き安定します。

 

なぜでしょうか?

 

『人間』というか『ホモサピエンス』という生物で考えた場合
人工物で囲まれた家の中で生活するようになったのは
多めに見積もってもここ1000年ぐらいだと思います。

 

さらにその中で今の日本のように
均一な材料で作られて家に住むようになったのは
ここ100年ぐらいなのではないでしょうか。

 

『ホモサピエンス』が地球上に現れたのは
20万年くらい前といわれているので
人類の歴史のなかで99.5%は自然の緑の中で
食事をしてきたわけです。

 

ということで均一な屋内での生活より
不均一な自然の緑を感じる生活のほうが
落ち着くと思われます。

 

ちなみに上の説には何の根拠もありません。
100%私の個人的な印象による説ですが
何となくそんな感じしません?

 

そういえば最近もう一つ根拠のない説を
発見しました。

 

名付けて
『建築写真は庭の緑が写っているといい感じに見える』説です。

 

上の説とも重なるところがあるかもしれませんが
最近いろいろな本やネットで建築の写真を見ることが
以前と比べて多くなりました。

 

そんな中でいい感じの写真を集めて
どこがいい感じに見えるのだろう、と
検証中にいい感じに見える写真には
かなりの割合で写真の中の1/3から1/4程度
植栽が写っていたことに気づきました。

 

ということで寺田さんと池田さん!
アイジーのホームページの施工例写真に
植栽が入った写真を多く入れといてください。

 

と、ムチャ振りしたところで
今日のところは全然間取りの話していませんが
だいたい上の間取り見ればいい感じってわかりますよね?

では、また。

関連ページ

関連ページ

2020.08

Aug

1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
森 貴志

名古屋スタジオ

設計

森 貴志

この記事に関連したブログ

EMOTOP浜松

2020年10月 GRAND OPEN