ブログBLOG

土地を選ぶとき ①農地、市街化調整区域について

2016.6.29

こんばんは。

今週もまた水曜日がやって参りました。

アイジースタイルハウス名古屋店 新築プロデューサーブログ

「水曜ブログでしょう。」のナビゲーター、池田です。

 

梅雨ネタは飽きたので割愛し(笑)、今回は、マイホーム新築をお考えの

皆さまにストレートにお役立て頂けるお話しをお届けいたします。

 

マイホーム新築と言えば、まずそれが建てられる土地が必要ですね。

当社にお越しくださる半分くらいのお客様は、土地探しからと言う方です。

土地情報は今や様々な方法で検索できるのでとっても便利な時代です

が、その際「農地」とか「市街化調整区域」

と言う表記を目にする事があります。

 

「農地」、「市街化調整区域」の場合

 

 

と言う内容です。

建物の建築が「基本的には」できない。と言う前提になるのですが、実際

には住宅用地として購入できる事も多々あります。

 

どういう事か?と言うと、ある条件を満たしていれば行政の許可によって

住宅を建築できると言う、裏ワザの様な表ワザ(笑)があります。

不動産業界や建築業界では日常で触れるケースで、すごく特殊な訳で

はありませんが、一般の方にとってはちょっと分かりにくい表記ですよね。

 

「農地」、「市街化調整区域」でも住宅建築が

できる場合の手続き

 

 

上記の様に、「農地」で「市街化区域」なら、「農転届出」を提出するだけ

OKですので、これは建築会社にまかせっ放しで構いません。届出が

受理されるのも1週間程度で済みます。

注意が必要なのは、「農地」で「市街化調整区域」の場合(上表のB)です。

「農転」、「開発」の両方を申請し許可を受けることが必要で、加えて

「農振興区域」だったりすると、それらの申請の前に「除外申請」と言

書類を出し、「農業振興区域からの除外」が認めらなければならず

結構面倒です。

手続き自体は、建築会社が土地家屋調査士や司法書士などと協力

て進めますが、時間が掛かるので新築計画のスケジュールには注意

必要です。

 

「農地」+「市街化調整区域」の場合

 → 約3ヶ月

「農地」+「市街化調整区域」+「農業振興区域」の場合

→ 約7カ月~1年数ヶ月

 

と言うことで、気に入った土地が農地で市街化調整区域の場合は

なるべく早めに建築会社にご相談される事をお勧めいたします。

「実は、気になっている土地がその条件で・・・。」と言う方は、今度

の住宅完成見学会でぜひご相談くださいね!

7月2日(土)、3日(日)一宮市新築住宅完成見学会

 

 

---------------------------

●HPからのイベント予約は、コチラからどうぞ。

●「0宣言の家」にちなんで、毎月0の付く日にメールマガジンを

     送らせて頂いております。登録はコチラからどうぞ。

名古屋・尾張・三河エリアで「健康住宅」を建てるなら。自然素材の新築一戸建て注文住宅。
地域密着でアフター万全のアイジースタイルハウス 名古屋ショールームへ。

■私達のこだわりとしている0宣言やクアトロ断熱の工法・性能が体験いただけるコーナーもございます。

お近くにお越しの際は、お気軽にお立ち寄りください。
アイジースタイルハウス(iG Style House) 名古屋ショールーム
〒465-0093 愛知県名古屋市名東区一社1丁目79 第六名昭ビル1階

■施工可能エリア
[ 愛知県内 ]

□尾張地方(名古屋)|名古屋市
□尾張地方(尾張)|一宮市、瀬戸市、春日井市、犬山市、江南市、小牧市、稲沢市、尾張旭市、岩倉市、豊明市、
日進市、清須市、北名古屋市、長久手市、東郷町、豊山町、大口町、扶桑町、
□尾張地方(海部)|津島市、愛西市、弥富市、あま市、大治町、蟹江町、飛鳥村、
□尾張地方(知多)|東海市、大府市、知多市、東浦町、
□三河地方(西三河)|岡崎市、刈谷市、豊田市(一部)、安城市、知立市、みよし市、

関連ページ

関連ページ

土地を選ぶとき ①農地、市街化調整区域について

土地を選ぶとき ①農地、市街化調整区域について

この記事に関連したブログ

EMOTOP浜松

(浜松スタジオ)